海外調査シリーズ3
カンボジアの労働・雇用・社会─日系進出企業の投資環境─

  • 定価: 2,000円+税
  • 2019年2月刊行
  • A5判
  • 296頁
  • 労働政策研究・研修機構[編]
  • ISBN978-4-538-51003-3

アジア地域の労働・雇用・社会を進出日系企業の視点から調査した「JILPT海外調査シリーズ」の第3作

メコン地域の中央に位置する南部経済回廊の要衝の地。内戦や地雷というかつての負のイメージから脱却し、タイやベトナムとともに共同体の一角として存在感を増すカンボジア。そのカンボジアに進出する日系企業が円滑な経営を行うために必要な労働・雇用・社会の情報を収集しました。

カンボジアの社会経済の特質、労働市場、労働法制、労使関係、社会保障などの情報を網羅的に整理した、カンボジアの労働情勢を正しく理解するための1冊です。

目次

  • 第1章 国土と国民国家の成り立ち
  • 第2章 政治と経済、労働市場
  • 第3章 人的資源に関する取り組み
  • 第4章 労働法令
  • 第5章 労使関係の法制度
  • 第6章 労使関係の実態と動向
  • 第7章 労働安全衛生と労働災害補償
  • 第8章 社会保障・社会福祉
  • 第9章 日系企業における人事労務管理