アマゾンジャパンで労組結成/「恣意的な人事評価」廃止要求

[労使]

インターネット通販大手アマゾンの日本法人「アマゾンジャパン」(東京)の社員らが4日、厚生労働省で記者会見し、労働組合を結成したと発表した。組合員らは、恣意的な人事評価に基づき退職を迫られるケースがあるとして改善を訴えている。

結成メンバーは正社員数人で、当面は東京管理職ユニオンの支部として活動する。世界的企業のアマゾンをめぐっては、欧州を中心に労組の結成が相次いでおり、海外との連携も目指すという。

組合員らによると、同社は「業務改善計画」を個々の社員に立てさせ、90日間で課題を達成できない場合は降格や解雇を受け入れるよう書面で承諾を求めている。組合側は「上司による恣意的な評価が行われる」と主張し、団体交渉を通じて廃止を求める。

出荷などを担当する男性社員は「上司から『自分自身の悪い所を書け』と言われ、何度も書き直しを命じられた。安心して働ける環境にしてほしい」と話した。

同社は「社員個々の権利を尊重しており、意見や質問、懸念があれば常に門戸を開いている」とコメントしている

(時事通信)
2015年11月4日