住友商事、テレワーク導入 11月、上限は週14時間半

[企業]

住友商事は29日、国内で勤務する全社員を対象に、自宅のほか、本来の勤務場所から離れている「サテライトオフィス」で働くことを認めるテレワーク制度を、11月に導入すると発表した。1週間の上限は2日分の勤務時間に相当する14時間半で、3日以上に割り振ることも可能。時間や場所にとらわれない働き方を取り入れ、生産性を高めるのが狙い。

同社はまた、フレックス勤務制度を拡充し、午前11時から午後3時までの社内勤務を義務付けた「コアタイム」を廃止する。部署内で調整が付けば、午前5時から午後10時までの間で、働く時間を自由に決められる。

(時事通信)
2018年10月29日