ポーラ、再雇用の年齢制限撤廃

[企業]

ポーラ・オルビスホールディングス傘下のポーラ(東京)は14日、7月から定年後の再雇用について年齢制限を撤廃すると発表した。同社はこれまで60歳の定年後65歳まで雇用を延長してきたが、さらに制限をなくすことで社会的な高齢者雇用の広がりに対応し、意欲と能力の高い人材を確保する。

ポーラの正社員が対象で、本人が希望すれば契約延長の審査を受けられる。ポーラが製品販売を委託する地方の個人事業主には年齢制限が存在せず、支援するポーラ側も社員が長期に関係を維持できるようにする狙いもある。

化粧品業界ではファンケルも2017年4月に再雇用の年齢制限を撤廃している。

(時事通信)
2018年6月14日