ヤマト、5,000人を正社員転換 ドライバーらの待遇改善

[企業]

ヤマト運輸は16日、フルタイムで働く契約社員約5,000人を5月に正社員登用すると発表した。これにより、約6万人いるフルタイムのドライバーはほぼ全員が正社員になる。人手不足が深刻化する中、ドライバーらの待遇改善により人材を確保したい考えだ。

同社は、社内で一定の評価を得た約3,000人のドライバーと約2,000人の事務職員らについて、希望すれば正社員として登用する。

またフルタイムのドライバーは、契約社員であっても入社後2年程度で正社員になれるようにしてきたが、5月以降の新規採用から全員正社員として雇う。

約10万人いるパートタイムの契約社員については、法定の勤続5年を待たずに無期雇用契約に転換できる制度も導入する。

(時事通信)
2018年3月16日