ファンケル、契約社員を無期労働契約へ 4月以降

[企業]

ファンケルは30日、本社とグループ会社で働く約940人の契約社員などについて、4月以降、契約期間を定めない無期労働契約に切り替えると発表した。社員の意欲向上や、優秀な人材を確保することが狙い。

対象はファンケルとグループ会社4社の契約社員とパート社員、直営店舗で働くパート社員全員。契約社員は4月1日、パート社員は4月11日から無期労働とする。

これまでは原則1年契約で、1年ごとに更新する雇用形態だった。

(時事通信)
2018年1月30日