職業安定法施行規則の一部を改正する省令(厚生労働二)
2019年5月10日

厚生労働省令 第二号

 職業安定法(昭和二十二年法律第百四十一号)第五条の三第四項の規定に基づき、職業安定法施行規則の一部を改正する省令を次のように定める。

  令和元年五月十日

厚生労働大臣 根本  匠

職業安定法施行規則の一部を改正する省令

職業安定法施行規則(昭和二十二年労働省令第十二号)の一部を次の表のように改正する。

(傍線部分は改正部分)

改正後

改正前

 (法第五条の三に関する事項)

 (法第五条の三に関する事項)

第四条の二 (略)

第四条の二 (略)

2 (略)

2 (略)

3 法第五条の三第四項の厚生労働省令で定める事項は、次のとおりとする。ただし、第八号に掲げる事項にあつては、労働者を派遣労働者(労働者派遣法第二条第二号に規定する派遣労働者をいう。以下同じ。)として雇用しようとする者に限るものとする。

3 法第五条の三第四項の厚生労働省令で定める事項は、次のとおりとする。ただし、第八号に掲げる事項にあつては、労働者を派遣労働者(労働者派遣法第二条第二号に規定する派遣労働者をいう。以下同じ。)として雇用しようとする者に限るものとする。

 一~八 (略)

 一~八 (略)

  就業の場所における受動喫煙を防止するための措置に関する事項

 (新設)

4~8 (略)

4~8 (略)

附則

この省令は、令和二年四月一日から施行する。