甲状腺がんで労災認定 福島第1事故後作業/厚労省

[行政]

厚生労働省は12日、東京電力福島第1原発の事故後の作業に従事し、甲状腺がんを発症した50代男性について、放射線被ばくによる労災と認定したと発表した。同事故後の被ばくによるがんの労災認定は6人目で、甲状腺がんは2人目。

厚労省の有識者検討会の判断を受け、日立労働基準監督署(茨城)が10日に認定決定した。

同省によると、男性は東電の協力会社に勤務し、1993年11月~2011年3月のうち約11年間、複数の原発で電気設備の保全などの放射線業務に従事。福島第1では事故後の11年3月、電源の復旧工事などの緊急作業に当たった。

累積の被ばく線量は約108ミリシーベルトで、うち事故後は約100ミリシーベルトだった。

男性は17年6月、甲状腺がんと診断され、同8月に労災申請していた。

厚労省によると、福島第1原発事故後の被ばくによるがんで労災申請したのは16人(取り下げた2人を除く)で、今回の男性のほか、白血病の3人、甲状腺がんの1人、肺がんの1人が認められている。5人は不支給が決まり、5人については調査中。

(時事通信)
2018年12月12日