京都労働局、働き方改革で京都銀など府内4金融機関と協定締結

[行政]

厚生労働省京都労働局は29日、中小・零細企業の働き方改革の推進に向け、府内に本社を置く四つの金融機関とそれぞれ包括連携協定を締結した。6月に成立した働き方改革関連法に関し、中小・零細取引先への周知に努めるほか、雇用環境の改善、女性の活躍推進などに取り組む。

京都労働局が協定を締結したのは、京都銀行と京都信用金庫、京都中央信用金庫、京都北都信用金庫。年内にも協議会を設置し、情報交換などで連携を図る。

記者会見した高井吉昭京都労働局長は「府内の働き方改革は道半ば。(連携を機に中小・零細企業の)働き方改革を着実なものにしたい」と語った。

(時事通信)
2018年10月29日