ヤマト運輸を書類送検 残業代未払い、長時間労働疑い/福岡労働局

[行政]

宅配便大手のヤマト運輸が博多北支店(福岡市)の従業員に割増賃金を支払わず、違法な長時間労働をさせていたとして、福岡労働局は20日、労働基準法違反の疑いで同社と労務管理を担当していた当時の支店幹部2人を書類送検した。

同労働局によると、同社などは昨年6月16日~7月15日の間、博多北支店のトラック運転手と配達員の2人に時間外労働に伴う割増賃金の一部を支払わなかったほか、同じ運転手に月100時間を超える時間外労働をさせた疑いがある。

同社は当時、労働基準法に基づく労使協定で、時間外労働の上限を月95時間と定めていた。

ヤマト運輸は「非常に重く受け止めている。違法状態は既に解消しているが、再発防止はもちろん、労働環境のさらなる改善に向け、労使一体となって取り組んでいく」とコメントした。

(時事通信)
2017年9月20日