福島第1元作業員の労災認定 原発事故後2例目/厚労省

[行政]

東京電力福島第1原発の事故対応に従事した後に白血病を発症した50代の男性作業員について、福島労働基準監督署(福島市)は19日、労災と認定した。福島第1原発の事故後の作業による労災認定は、2015年10月に続いて2件目。

厚生労働省は今回の労災認定について、「業務による被ばくと白血病の発症には、相当の因果関係が認められる」としている。

同省によると、男性は11年4月~15年1月に福島第1原発で機械修理の業務に携わり、累積の被ばく線量は54.4ミリシーベルトだった。同月に白血病と診断され、現在は通院しながら投薬などの治療を続けている。労災認定により、男性は治療費の給付を受けられる。

福島第1原発の事故対応では、これまでに計11件の労災申請があり、うち3件の不支給が決定。取り下げられた1件を除く5件が調査中という。

(時事通信)
2016年8月19日