メールマガジン労働情報 No.1656

■□――【メールマガジン労働情報/No.1656】

1月総括判断「厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」/全国財務局管内経済情勢報告 ほか

―2021年1月29日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】1月総括判断「厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」/全国財務局管内経済情勢報告 ほか
【統計】12月の完全失業率2.9%、前月と同率/労働力調査 ほか
【動向】中小企業の景況、「依然として厳しい状況にある」/民間調査 ほか
【海外】新刊「新型コロナウイルスと仕事の世界ILOモニタリング第7版」を刊行/ILO
【法令】労働関係法令一覧(2020年12月公布分)
【イベント】国際シンポジウム「イギリス・スウェーデンの最低賃金とその動向―日本との比較―」/AOTS

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20210129.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇調査シリーズ No.207-1『「パートタイム」や「有期雇用」の労働者の活用状況等に関する調査結果 企業調査編』

 2020年4月に施行されたパートタイム・有期雇用労働法について、企業を対象に
「パートタイム」「有期雇用」労働者に対する雇用管理の状況等を尋ねるアンケート
調査を行いました。自社の「有期雇用でフルタイム」の労働者に支給・適用している
制度・待遇を聞いたところ、「賞与」をあげた企業は6割近くにのぼる一方で、
「退職金」をあげた企業割合は1割台にとどまることなどが分かりました。
https://www.jil.go.jp/institute/research/2021/207-1.html

◇調査シリーズ No.207-2『「パートタイム」や「有期雇用」の労働者の活用状況等に関する調査結果 労働者調査(「働き方等に関する調査」)編』

 パートタイム・有期雇用労働法について、「パートタイム」「有期雇用」労働者を対象に
就労状況等を把握するためのアンケート調査を行いました。勤務先に業務内容や責任の程度が
同じ正社員がいると回答した「パートタイム」「有期雇用」労働者に対して、業務の内容等が
同じ正社員と比べて自分の賃金水準をどう思うか聞いたところ、「正社員より賃金水準が低く、
納得していない」とする労働者が4人に一人の割合にのぼったことなどが分かりました。
https://www.jil.go.jp/institute/research/2021/207-2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPTからのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇『日本労働研究雑誌』2021年特別号を発売!
 2020年労働政策研究会議報告

 本号は、「2020年労働政策研究会議」(コロナ禍により中止)のために提出された報告論文
などを掲載した特別号です。総括テーマは、「〈平等〉の視点からみた女性労働」です。
https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2021/special/index.html

◇ブックレット『新型コロナウイルスと労働政策の未来』発売中!

 本書は、昨年8月20日に開催された東京労働大学特別講座「新型コロナウイルスと
労働政策の未来」の内容を、関連する背景資料と併せてブックレットとして
とりまとめたものです。
【A5判134頁 定価:1,100円(本体1,000円) 12月21日刊行】
https://www.jil.go.jp/publication/ippan/booklet/01.html

◇『ユースフル労働統計2020―労働統計加工指標集―』発売中!

 本書は、既存の労働統計から新しい統計指標を計算する方法と結果を紹介する資料集です。
【A5判372頁 定価:1,650円(本体1,500円) 11月30日刊行】
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2020/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新型コロナウイルス感染症関連情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆新型コロナウイルス感染症関連情報

 JILPTでは、「新型コロナウイルス感染症関連情報」のホームページを開設し、
緊急コラムや新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響(国内統計、国際比較統計)、
国内及び諸外国の動向について掲載するとともに、政府や労使団体等が提供している
雇用・労働関連支援情報をご案内しています。
 日本の状況や対応を海外に発信するため、特設ページの英語版も開設しており、
順次、掲載情報を追加しています。
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/index.html
(英語版)
https://www.jil.go.jp/english/special/covid-19/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1月総括判断「厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」/全国財務局管内経済情勢報告

 財務省は28日、2021年1月の「全国財務局管内経済情勢報告概要」を公表した。
全局総括判断は、前回10月の判断「厳しい状況にあるものの、持ち直しの動きがみられる」
から「厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」に
表現変更(据え置き)。雇用情勢は、「一部で底堅さがみられるものの全体としては
弱い動きとなっている」とし、「今後の感染拡大の影響によっては、サービス業等を中心に
雇用調整を進める企業が増加する可能性もあるなど、先行きには十分注意する必要がある」
としている。地域別の総括判断は、北海道、関東、九州、沖縄が下方修正、他は据え置き。
https://www.mof.go.jp/about_mof/zaimu/kannai/202004/index.html
(概要)
https://www.mof.go.jp/about_mof/zaimu/kannai/202004/gaiyou100.pdf

●育児休業給付制度等の見直しについての報告書を公表/労政審職業安定分科会

 厚生労働省は27日、「労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会」を開催し、
男性の育児休業取得促進等に係る育児休業給付制度等の見直しについての報告書
(雇用保険部会報告書)を取りまとめた。同報告書によると、現行制度より柔軟で
取得しやすい新制度を創設し、育児休業給付金とは別に、出生後8週間以内に
2回に分けて計4週間までの期間を定めて取得する休業に対して支給する新給付金
を創設するとし、現行の育児休業給付金と同等の給付率(67%)が適用される
としている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107715_00002.html
(雇用保険部会報告書)
https://www.mhlw.go.jp/content/11607000/000728202.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●12月の完全失業率2.9%、前月と同率/労働力調査

 総務省は29日、2020年12月の「労働力調査(基本集計)」(速報)を公表した。
完全失業率(季節調整値)は2.9%で、前月と同率。完全失業者数は194万人
(前年同月比49万人増)で、11カ月連続の増加。就業者数は6,666万人(同71万人減)、
雇用者数は5,984万人(同59万人減)で、ともに9カ月連続の減少。同時に公表された
2020年平均の完全失業率は2.8%で、前年に比べて0.4ポイント上昇、11年ぶりの上昇。
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html
(概要)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/gaiyou.pdf
(2020年平均)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/index.html
(要約)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/youyaku.pdf

●12月の新規求人は、前年同月比18.6%減/一般職業紹介状況

 厚生労働省は29日、「一般職業紹介状況」を公表した。2020年12月の新規求人
(原数値)は、前年同月比で18.6%減。産業別では、宿泊業・飲食サービス業
(31.4%減)、生活関連サービス業・娯楽業(30.8%減)、卸売業・小売業
(28.3%減)などで減少した。有効求人倍率(季節調整値)は1.06倍で、
前月と同水準。新規求人倍率(同)は2.07倍で、同0.05ポイント上昇。
同時に公表された2020年平均の有効求人倍率は1.18倍で、前年に比べて
0.42ポイント低下。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00010.html
(報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000726615.pdf

●介護サービス受給者447万9,400人/介護給付費等実態統計(10月)

 厚生労働省は27日、「介護給付費等実態統計月報」(2020年10月審査分)を
公表した。受給者総数は、介護サービス447万9,400人、介護予防サービス81万4,500人、
受給者1人当たり費用額は、介護サービス19万6,300円、介護予防サービス2万8,100円。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/2020/dl/202010_gaiyou.pdf
(統計表)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/2020/10.html

●基調判断「生産は持ち直している」で据え置き/12月鉱工業指数

 経済産業省は29日、2020年12月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(速報)を
公表した。生産指数(季節調整値)は93.2で、前月比1.6%の低下。業種別では、
汎用・業務用機械工業等が低下し、無機・有機化学工業等が上昇した。
出荷は同1.6%の低下、在庫は同1.1%の上昇、在庫率は同2.0%の上昇。
基調判断は「生産は持ち直している」で据え置き。
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
(概要)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2015_202012sj.pdf

●基調判断「下げ止まりを示している」で据え置き/11月・景気動向指数の改訂状況

 内閣府は27日、2020年11月の「景気動向指数・速報からの改訂状況」を公表した。
景気の現状を示す「一致指数」は、前月差0.4ポイント低下の89.0(速報値は89.1)。
基調判断は、景気動向指数(CI一致指数)は「下げ止まりを示している」で据え置き。
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/revision.pdf
(統計表)
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●中小企業の景況、「依然として厳しい状況にある」/民間調査

 日本政策金融公庫は25日、「全国中小企業動向調査」結果(2020年10~12月期実績)
を発表した。業況判断DIについて、小企業(従業員20人未満)は、前期(7~9月期)
からマイナス幅が縮小してマイナス55.9、中小企業(従業員20人以上)もマイナス幅が
縮小してマイナス42.6となった。小企業及び中小企業の景況は、いずれも「依然として
厳しい状況にある」としている。
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/smseach2021_01.pdf

●緊急事態宣言再発令で4割の企業が在宅勤務の取り組みを変更・拡充/民間調査

 労務行政研究所は21日、「緊急事態宣言再発令に対する企業対応アンケート」の
結果を公表した。緊急事態宣言を受けて在宅勤務を変更/拡充した(予定を含む)
企業は44.0%。変更/拡充した内容は「実施頻度(回数・日数)」が85.4%で最多。
また、出勤者数の削減目標を「定めている」企業は49.6%で、削減目標の平均値は
59.7%。政府目標の「7割削減」をクリアしているのは約6割。
https://www.rosei.or.jp/research/pdf/000079514.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●新刊「新型コロナウイルスと仕事の世界ILOモニタリング第7版」を刊行/ILO

 ILOは25日、新刊書「新型コロナウイルスと仕事の世界ILOモニタリング第7版」
を刊行した。同書によると、2020年の年間を通じての世界の労働時間は減少しており、
世界の勤労所得を8.3%減少させ、世界の国内総生産(GDP)の4.4%に相当する
3.7兆ドルに当たる。人間を中心に据えた政策で支えない限り、2021年の回復は
遅く不揃いで不確実であろうとし、所得を支え投資を促進するマクロ経済政策、
女性、若者、低技能・低賃金労働者その他の打撃が大きかった集団を対象にした措置、
回復戦略の実行に向けた社会対話などを提案している。
https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_766741/lang--ja/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【法令】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●労働関係法令一覧(2020年12月公布分)
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hourei/202012.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●国際シンポジウム「イギリス・スウェーデンの最低賃金とその動向―日本との比較―」/AOTS

 海外産業人材育成協会(AOTS)は2月17日、国際シンポジウム「イギリス・
スウェーデンの最低賃金制度とその動向―日本との比較―」をオンラインで開催する。
イギリスとスウェーデンからは専門家を迎えて、日本の有識者と共に両国の
最低賃金制度について議論する。パネルディスカッションも予定。参加費無料。
定員80名。日英同時通訳付。
https://www.aots.jp/hrd/ibe/employment/report03-20/