メールマガジン労働情報 No.1623

■□――【メールマガジン労働情報/No.1623】

雇用調整実施事業所割合、12ポイント上昇し49%で過去最高/労働経済動向調査 ほか

―2020年9月30日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】「第2回職場適応援助者養成研修のあり方に関する研究会」を開催/厚労省 ほか
【統計】雇用調整実施事業所割合、12ポイント上昇し49%で過去最高/労働経済動向調査 ほか
【労使】「70歳までの継続雇用制度の導入」予定が最多/日商・東商調査 ほか
【動向】小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大/民間調査 ほか
【イベント】2020年度第70期「神奈川県労働大学講座」(WEB配信)/神奈川県労働福祉協会 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20200930.html

【新型コロナウイルス感染症関連情報】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPTリサーチアイ 第47回】
コロナショックの被害は女性に集中(続編)─雇用回復の男女格差─
    働き方と雇用環境部門 主任研究員 周 燕飛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第38回リサーチアイ「コロナショックの被害は女性に集中」(6月26日)では、
コロナ禍の影響で、女性が男性よりも大幅に就業時間を減らしたり、休業したり
していることを報告した。それから約3カ月が経ち、各地で保育園・小中高校が
再開され、経済活動の制限緩和も行われてきた。雇用市場全体でみても、持ち直しの
兆しが次第に見え始めている。しかしながら、女性雇用の回復は遅々として進んで
いない。7月の男性雇用者数は既に増加に転じているが、女性雇用者数は減少を
続けている。特に子育て女性については、休業率の高止まりや労働時間回復の鈍さが
目立っている。
https://www.jil.go.jp/researcheye/bn/047_200925.html

(前回の周主任研究員のリサーチアイ)
第38回リサーチアイ「コロナショックの被害は女性に集中」
https://www.jil.go.jp/researcheye/bn/038_200626.html

(関連のJILPT調査データ)
「新型コロナウイルス感染拡大の仕事や生活への影響に関する調査」(一次集計)結果(5月調査)
https://www.jil.go.jp/press/documents/20200610.pdf
「新型コロナウイルス感染拡大の仕事や生活への影響に関する調査」(一次集計)結果(8月調査)
https://www.jil.go.jp/press/documents/20200826.pdf

 JILPTでは、「新型コロナウイルス感染症関連情報」のホームページを開設し、
緊急コラムや新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響(国内統計、国際比較統計)、
国内及び諸外国の動向について掲載するとともに、政府や労使団体等が提供している
雇用・労働関連支援情報をご案内しています。
 日本の状況や対応を海外に発信するため、特設ページの英語版も開設しており、
順次、掲載情報を追加していく予定です。
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/index.html
(英語版)
https://www.jil.go.jp/english/special/covid-19/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇資料シリーズ No.232『男性労働者の育児休業の取得に積極的に取り組む企業の事例―ヒアリング調査―』
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2020/232.html

【JILPTからのお知らせ】

☆2020年度・第69回東京労働大学講座 総合講座(労働法部門・オンライン開催)受講者募集中!

 現代の労働問題を学習するのに最適なトピックスを精選して開講します。
当該分野の第一人者による最高・最新の講義に接するまたとない機会です。
奮ってお申込みください。

開講期間:2020年11月4日(水曜)~12月17日(木曜)(14講義日、1試験日)
開催方式:オンライン開催(ZOOMウェビナー利用)
配信時間:午後6時30分~8時30分まで(120分)
     オンデマンド受講ではありません。各講義、1回だけの配信となります。
https://www.jil.go.jp/kouza/sogo/index.html

◇『日本労働研究雑誌』2020年10月号発売中!
 [特集]あらためて賃金の「上がり方」を考える
https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2020/10/index.html

◇『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年10月号発売中!
 「コロナ禍での経営・雇用環境」
https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2020/10/index.html

◇英文ジャーナル『Japan Labor Issues』(電子版)2020年10月号を刊行!
https://www.jil.go.jp/english/jli/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「第2回職場適応援助者養成研修のあり方に関する研究会」を開催/厚労省

 厚生労働省は、28日に開催された「第2回職場適応援助者養成研修のあり方
に関する研究会」資料を公表した。議題は、職場適応援助者(ジョブコーチ)の
現状と課題に関するアンケートの結果概要についてなど。調査結果によると、
就労支援業務を行う際に、ジョブコーチ養成研修修了者として周囲から期待
されていることは、「障害特性に応じた障害者に対する支援」、「障害者本人の
アセスメント」、「人間関係、職場内コミュニケーションに関する相談・支援」
などとなっている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13739.html
(アンケート調査結果概要)
https://www.mhlw.go.jp/content/11704000/000676457.pdf

●10月は「年次有給休暇取得促進期間」/厚労省

 厚生労働省は、年次有給休暇を取得しやすい環境整備推進のため、10月を
「年次有給休暇取得促進期間」に設定している。年休は「仕事と生活の調和推進
のための行動指針」において、2020年までに、その取得率を70%とすることが
目標に掲げられているが、18年は52.4%で14年以降、増加傾向にはあるものの、
70%とは大きな乖離がある。同省では、年休を取得しやすい環境整備が図られるよう、
周知広報に努めていくとしている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13665.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●雇用調整実施事業所割合、12ポイント上昇し49%で過去最高/労働経済動向調査

 厚生労働省は24日、「労働経済動向調査」(2020年8月)結果を公表した。
雇用調整実施事業所割合(4~6月実績)は、調査産業計で49%、前期から
12ポイント上昇し、過去最高。所定外労働時間判断D.I.(7~9月実績見込)は、
同プラス4ポイント、前期(4~6月実績見込)から33ポイントの上昇。
労働者過不足判断DI(8月1日現在)は、正社員等労働者がプラス21ポイント、
パートタイム労働者がプラス14ポイントで、いずれも不足超過。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/2008/dl/7siryo.pdf
(統計表等)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/2008/

●基調判断「生産は持ち直している」に上方修正/8月鉱工業指数

 経済産業省は30日、2020年8月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(速報)を
公表した。生産指数(季節調整値)は88.7で、前月比1.7%の上昇。業種別では、
自動車工業、鉄鋼・非鉄金属工業、電子部品・デバイス工業等が上昇した。
出荷は同2.1%の上昇、在庫は同1.4%の低下、在庫率は同2.5%の低下。
基調判断は「生産は持ち直している」に上方修正。
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
(概要)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2015_202008sj.pdf

●2020年9月の総人口、前年同月比32万人減/総務省人口推計

 総務省は23日、人口推計の2020年9月概算値及び2020年4月確定値を公表した。
20年9月1日現在の総人口(概算値)は1億2,581万人で、前年同月比32万人(0.26%)
の減少。20年4月1日現在の総人口(確定値)は1億2,593万人で、同32万4,000人
(0.26%)の減少。年齢階層別では、65歳以上人口が3,605万人で、同29万8,000人
(0.83%)増加し、他の階層は減少。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

●海外現地法人の従業者数、5期連続の減少/経産省調査

 経済産業省は25日、2010年4~6月の「海外現地法人四半期調査」の結果
を公表した。6月末の日本企業の海外現地法人の従業者数は414万人で、
前年同期比4.8%減、5期連続の減少。売上高(全地域合計)は2,024億ドル。
北米の輸送機械が大きく減少し、前年同期比32.2%減、6期連続の減少。
https://www.meti.go.jp/press/2020/09/20200925007/20200925007.html
(結果の概要)
https://www.meti.go.jp/press/2020/09/20200925007/20200925007-3.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「70歳までの継続雇用制度の導入」予定が最多/日商・東商調査

 日本商工会議所及び東京商工会議所は24日、中小企業を対象とした「多様な人材の
活躍に関する調査」結果を発表した。「改正高年齢者雇用安定法」(2021年4月施行)で
努力義務とされている70歳までの就業機会の確保措置については、「70歳までの継続雇用
制度の導入」(56.4%)が最多。非雇用型では「70歳になるまで継続的に業務委託契約」
との回答が17.4%。また、外国人材の受入れについて、「受入れニーズがある」と回答した
企業は48.7%。政府が実施すべき受入れ企業向け支援策等は「雇用等に関する手続きの簡素化」
(50.2%)が最多。
https://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2020/0924140000.html
(結果概要)
https://www.jcci.or.jp/20200924-pressrelease.pdf

●労働相談、業種別では「医療・福祉」が最多/連合「労働相談ダイヤル」(8月)

 連合は17日、「なんでも労働相談ダイヤル」2020年8月分集計結果を発表した。
受付件数は1,087件で、前年同月比291件増。業種別では、2月以来「医療・福祉」
が最多で157件(21.0%)。主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(151件・13.9%)
が最多、次いで「解雇・退職強要・契約打切」(146件・13.4%)、「雇用契約・就業規則」
(99件・9.1%)など。
https://www.jtuc-rengo.or.jp/soudan/soudan_report/data/202008.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大/民間調査

 日本政策金融公庫は18日、「全国小企業月次動向調査」結果(2020年8月実績、
9月見通し)を発表した。8月の売上DIはマイナス56.5で、前月に比べてマイナス幅が
1.1ポイント拡大した。9月はマイナス55.3で、マイナス幅が11.2ポイント縮小の見通し。
雇用に関しては、9月の従業員過不足DIは4.2で、同10.4ポイントの増。業種別にみると、
建設業(22.7)が最高で、運輸業(16.7)、小売業(7.1)と続く。
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/getsuji_202009.pdf

●半数以上の新入社員が「10年以内に退職予定」/民間調査

 マイナビは24日、2020年に新卒入社した男女を対象とした「新入社員の意識調査」
結果を発表した。勤続予定年数について聞いたところ、「3年以内」(28.0%)、
「10年以内」(50.3%)、「定年まで」(17.9%)。会社のコロナ対応に対しては、
「不満足」が「満足」の2.7倍、満足度が低い新入社員の約5割が「3年以内に退職予定」
と回答。
https://www.mynavi.jp/news/2020/09/post_24593.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2020年度第70期「神奈川県労働大学講座」(WEB配信)/神奈川県労働福祉協会

 公益財団法人神奈川県労働福祉協会は10月から、2020年度第70期「神奈川県
労働大学講座」のWEB配信を開始する。「労働法」「人事労務管理」「社会保障」の
3分野の専門的知識を、現在の社会情勢等を踏まえ体系的に学ぶ。視聴期間は、
10月1日~来年1月31日の4カ月間。受講料35,000円。定員なし。科目ごとの受講も可。
https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/roudai2020.html

●第25回大会「これからのキャリア・カウンセリングに期待されるもの」/日本産業カウンセリング学会

 日本産業カウンセリング学会は11月21~23日、第25回大会をオンラインで開催する。
テーマは「これからのキャリア・カウンセリングに期待されるもの~技術革新、
社会正義、2020以降の社会を見据えて~」。セルフ・キャリアドッグやスーパービジョン、
企業内キャリア形成などのシンポジウムも予定。参加費は学会正会員9,000円、非会員12,000円、
学生4,000円。事前予約制。申込期間は11月12日まで。
https://www.jaic.jp/event/conference/25th.html
(大会特設サイト)
https://jaic25th.info/