メールマガジン労働情報 No.1605

■□――【メールマガジン労働情報/No.1605】

「書面、押印、対面」を原則とした制度・慣行・意識の抜本的見直しに向けて共同宣言/政府・経団連 ほか

―2020年7月15日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】「書面、押印、対面」を原則とした制度・慣行・意識の抜本的見直しに向けて共同宣言/政府・経団連 ほか
【統計】5月の生産指数、前月比8.9%低下/鉱工業指数
【動向】企業の84.5%が「業績にマイナス」/民間調査 ほか
【海外】新型コロナウイルスの流行と全面的ロックダウン/フランス
【イベント】多摩地区に「TOKYOテレワーク・モデルオフィス」を開設/東京都

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20200715.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPTリサーチアイ 第40回】
 自営業者の団体交渉権─EUとOECDの試み
                所長 濱口 桂一郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 クラウドワークとかプラットフォームワークと言われる雇用類似の働き方の者
については、労働者保護法や社会保障法の関係でどのような保護を与えるべきか
について、日本も含めた世界各国で熱心に議論が行われている。ところが、
労働法の一つの柱である集団的労使関係システムについては、これをうかつに
使うと競争法違反と非難される可能性が常にある。労働者なら団結として保護
されるものが、自営業者なら談合として指弾されるという状況下で、この問題に
どう取り組むべきかという大問題があるのだ。
https://www.jil.go.jp/researcheye/bn/040_200710.html

【新型コロナウイルス感染症関連情報】

 JILPTでは、「新型コロナウイルス感染症関連情報」のホームページを開設し、
緊急コラムや新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響(国内統計、国際比較統計)、
国内及び諸外国の動向について掲載するとともに、政府や労使団体等が提供している
雇用・労働関連支援情報をご案内しています。
 日本の状況や対応を海外に発信するため、特設ページの英語版も開設しました。
順次、掲載情報を追加していく予定です。
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/index.html
(英語版)
https://www.jil.go.jp/english/special/covid-19/index.html

【JILPTからのお知らせ】

☆東京労働大学講座特別講座 受講者募集中(会場開催・ライブ配信)!

テーマ:「新型コロナウイルスと労働政策の未来」
日時:2020年8月20日(木曜)15時~17時
講師:濱口 桂一郎(労働政策研究・研修機構研究所長)
受講方法:会場受講及びライブ配信受講
会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター ホール3A
定員:会場受講 50名(先着順)、ライブ配信受講 1,000名(先着順)
受講料:5,000円(会場受講、配信受講いずれも同額)
https://www.jil.go.jp/kouza/tokubetsu/20200820/index.html

☆労働図書館の開館時間について

 労働図書館の開館時間は当面の間、10時~15時とさせていただきます。
https://www.jil.go.jp/lib/info/20200528/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「書面、押印、対面」を原則とした制度・慣行・意識の抜本的見直しに向けて共同宣言/政府・経団連ほか

 政府、経団連、経済同友会、日本商工会議所、新経済連盟は8日、連名で
『「書面、押印、対面」を原則とした制度・慣行・意識の抜本的見直しに向けた
共同宣言』を公表した。新しい生活様式・ビジネス様式を拡大・定着させ、
社会全体のデジタル化を実現するため、「書面、押印、対面」を原則とした
制度・慣行・意識を、デジタル技術の積極活用によって社会全体で転換し、
時代の要請に即した行政手続・ビジネス様式を速やかに再構築すべきである
としている。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/publication/document/200708document01.pdf

●「全国労働衛生週間」を10月に実施/厚労省

 厚生労働省は10月1日から7日まで、2020年度「全国労働衛生週間」を実施する。
今年のスローガンは、「みなおして 職場の環境 からだの健康」。労働衛生に関する
国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保
することなどを目的に、毎年10月1日から7日までの1週間実施されており、
今年で71回目。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12193.html

●雇用保険の「被保険者期間」の算定方法を8月1日から拡大/厚労省

 厚生労働省は、失業等給付の受給資格のもとになる「被保険者期間」について、
1カ月の賃金支払の日数が11日以上ある月に加え、労働時間が80時間以上ある月も
1カ月と扱うことに関するリーフレットを公表している。8月1日以降の離職者に
適用する。改正雇用保険法により、勤務日数が少ない者でも給付が受けられるよう、
労働時間による基準を補完的に設けたもの。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000642296.pdf

●建設労働者の労働者別社会保険加入割合が上昇/国交省

 国土交通省は9日、「公共事業労務費調査における社会保険加入状況調査」
結果を公表した。公共工事に従事する建設労働者の社会保険加入状況は、
企業別で98%、労働者別で88%。企業別、労働者別ともに加入割合は前年度比で
上昇、労働者別は、調査開始以降毎年上昇。
https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000916.html
(調査結果)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001352760.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●5月の生産指数、前月比8.9%低下/鉱工業指数

 経済産業省は14日、5月の「鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)」
確報値を公表した。生産指数(季節調整済)は78.7で前月比8.9%の低下。
出荷は同8.9%低下、在庫は同2.6%低下、在庫率は同7.3%上昇。生産は、自動車工業、
生産用機械工業、鉄鋼・非鉄金属工業等すべての業種が低下。速報と比べて、
生産、出荷、在庫は下方修正、在庫率は上方修正。
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
(概要冊子)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2015_202005kj.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●企業の84.5%が「業績にマイナス」/民間調査

 帝国データバンクは9日、「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査
(2020年6月)」結果を発表した。感染症による自社の業績への影響について、
「マイナスの影響がある」と見込む企業は84.5%で、2カ月連続の減少。
自社が企業活動を再開する際に優先して取り組む施策(複数回答)では、
「従業員の健康管理の継続」(64.3%)が最多、次いで、消毒液やマスクの確保、
換気、シールド設置などの「感染症予防対策」(54.6%)、「既存事業の再強化」
(41.4%)など。
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p200705.html
(詳細)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200705.pdf

●6月の「減収企業率」は81.6%/民間調査

 東京商工リサーチは14日、第6回「新型コロナウイルスに関するアンケート」
調査結果を発表した。6月の売上が前年同月より落ち込んだ企業は81.6%で、
コロナ禍で最悪だった5月(87.4%)より5.8ポイント改善。在宅勤務・リモート
ワークの「継続実施」は31.0%、「取りやめ」は26.7%。政府や自治体の支援策を
「利用した」と回答した企業は、「今後利用する可能性がある」(23.9%)を
合わせると7割近くに上る。
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200714_01.html
(詳細)
https://img03.en25.com/Web/TSR/%7B87991d73-6466-4cbd-8071-07b5a5428ce4%7D_20200714_TSRsurvey_CoronaVirus.pdf

●94%がインターンシップに「参加したい/参加する予定」/民間調査

 ディスコは9日、2022年3月卒業予定者を対象とした「職業意識とインターン
シップ等に関する調査」結果を発表した。インターンシップ等の参加意向は、
「参加したい/参加する予定」(94.0%)。参加したいプログラムは、
「1Day 仕事研究プログラム」(84.2%)、「インターンシップ」(80.8%)など。
具体的なプログラムは、「業界や企業の概要を理解できるもの」(89.3%)、
「実際の職場を見ることができるもの」(81.5%)など。
https://www.disc.co.jp/press_release/7826/
(詳細)
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/07/2022_ishikichosa.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●フォーカス/JILPT

▽新型コロナウイルスの流行と全面的ロックダウン/フランス

 フランスは、イタリア、スペイン、ベルギー、イギリスと並んで、欧州において
新型コロナウイルスの被害がもっとも深刻だった国の一つで、死者の数は、6月11日現在
約3万人に及ぶ。厳しい罰則付きの外出禁止(ロックダウン、都市封鎖)は実に2カ月を超え、
ようやく経済活動が緩やかに回復し始めたばかりである。いまだに新型コロナウイルス
への恐怖があり、街で見かけるバスには乗客がほとんどいない。いつもは人でにぎわう
レストランやカフェはほとんど閉まったままである。
https://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2020/07/france.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●多摩地区に「TOKYOテレワーク・モデルオフィス」を開設/東京都

 東京都は、自宅以外の場所でもテレワークを行うことができる環境の整備を進めるため、
民間のサテライトオフィスが少ない多摩地区の3カ所(府中市、東久留米市、国立市)に、
「TOKYOテレワーク・モデルオフィス」を7月20日に設置する。いずれのオフィスも、
最寄駅から徒歩数分。利用者要件は、都内在住または在勤で企業等で働く方
(個人事業主を含む)。営業時間は月曜~金曜の9時から19時まで。利用料無料。
事前登録・利用予約制。
https://tokyo-telework.jp/modeloffice/