メールマガジン労働情報 No.1581

■□――【メールマガジン労働情報/No.1581】

雇用調整助成金の特例措置の追加実施(詳細)と申請書類の大幅簡素化を公表/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連 ほか

―2020年4月15日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】雇用調整助成金の特例措置の追加実施(詳細)と申請書類の大幅簡素化を公表/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連 ほか
【労使】最低賃金引上げの影響、対応策は「設備投資の抑制等」が最多/日商・東商
【動向】約9割の企業が、感染拡大により採用活動に「影響がある」/民間調査
【海外】コロナウイルスに起因する壊滅的な規模の労働時間、雇用の消失が発生/ILO資料 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20200415.html

【新型コロナウイルス感染症関連情報】

☆緊急コラム
『新型コロナウイルス感染症と労働政策の未来』 研究所長 濱口 桂一郎

 2020年度は何層もの新たな労働政策の門出として出発するはずであった。
いや、確かに、法制上はそのように始まった。2018年6月に成立した働き方改革
推進法により、既に大企業には2019年4月から施行されていた長時間労働の規制が、
2020年4月から中小零細企業にも適用された。労働政策上の大きなエポックに
なるはずであった2020年度は、しかしながら、2020年初めから世界的に急速に
蔓延しパンデミックとなった新型コロナウイルス感染症への緊急対策が続々と
打ち出される中で始まることとなった。本稿では新型コロナウイルス感染症への
緊急対策として打ち出されてきている政策を分析することを通じて、今後の
労働政策の方向性を考えてみたい。
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/column/002.html

☆「新型コロナウイルス感染症関連情報」

 JILPTでは、「新型コロナウイルス感染症関連情報」のホームページを開設し、
政府や労使団体等が提供している雇用・労働関連支援情報をご案内しています。
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/index.html

◆政府による支援策メニューの一覧

 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける働く皆さま、企業の皆さまのために
用意されている雇用・労働に関する支援策について一覧の形で整理しました。
経済的な支援も含めて広くご紹介しています。支援策のご活用などにお役立てください。
(働く皆さまへの支援策)
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/support/worker.html
(企業の皆さまへの支援策)
https://www.jil.go.jp/tokusyu/covid-19/support/company.html

◆新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響

 新型コロナウイルスの感染拡大は、我が国の経済活動の停滞を通じて雇用・
就業に多大な影響を及ぼすことが懸念されています。こうした影響をみるため、
雇用・就業等に関連する統計指標の直近の動向を掲載しています。
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/covid-19/index.html

【JILPTからのお知らせ】

☆刊行物等の納期延期(5月6日以降)についてのお知らせ

 政府による緊急事態宣言の発令及びこれに基づく東京都知事の通勤縮小の要請を踏まえ、
当機構では2020年4月8日(水曜)より原則、在宅勤務(テレワーク)を行っております。
そのため、当機構刊行物のご注文(当機構への直接のご注文、書店・大学生協でのご注文・
インターネット書店でのご注文)につきましては、5月6日以降の発送予定となります。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
https://www.jil.go.jp/publication/ordering.html

☆労働図書館の来館サービス休止期間延長のお知らせ(再延長、5月6日まで)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月30日(月曜)から5月6日(水曜)まで、
労働図書館における来館サービス(図書閲覧、閲覧席の利用等)を一時休止しています。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
https://www.jil.go.jp/lib/info/20200327/index.html

☆事務職員の募集について(2021年度採用)

 労働政策研究・研修機構では、2021年4月1日採用の事務職員を募集しています。
https://www.jil.go.jp/information/koubo/shokuin/2020/index.html

☆任期付研究員の募集について(2020年度採用)

 労働政策研究・研修機構では、任期付研究員を募集しています。
応募書類の提出期限は2020年5月29日(金曜)必着です。
https://www.jil.go.jp/information/koubo/kenkyuin/2020/07.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇海外労働情報20-03『第17回北東アジア労働フォーラム報告書 労働時間とワーク・ライフ・バランス』

 昨年11月、韓国ソウルにおいて、日中韓3カ国の労働政策研究機関が
共通するテーマに基づく研究成果を持ち寄り、報告と討論を行いました。
テーマは「労働時間とワーク・ライフ・バランス」です。本報告書は今回で
17回目となる「北東アジア労働フォーラム」に提出された論文を収録したものです。
https://www.jil.go.jp/foreign/report/2020/20-03_f.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●雇用調整助成金の特例措置の追加実施(詳細)と申請書類の大幅簡素化を公表/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚生労働省は10日、雇用調整助成金の特例措置の追加実施の詳細と、
申請書類の大幅な簡素化について公表した。追加実施の内容は、緊急対応期間
(4月1日から6月30日まで)の休業等の上乗せ特例として、休業又は教育訓練
を実施した場合の助成率の引き上げ、教育訓練の加算額の引き上げなど。
また、雇用調整助成金の特例措置に関する申請書類等について記載事項の半減、
記載事項の簡略化、添付書類の削減などにより、申請書類の大幅な簡素化を行う
としている。ガイドブックとFAQも公開している。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10782.html
(特例の概要)
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000620641.pdf
(簡素化について)
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000620643.pdf
(雇用調整助成金ガイドブック)
https://www.mhlw.go.jp/content/000621160.pdf
(雇用調整助成金FAQ)
https://www.mhlw.go.jp/content/000621561.pdf
(雇用調整助成金の様式ダウンロード(特例措置用))
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html

●雇用維持等に対する配慮についての関係事業者団体への要請/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚生労働省は14日、厚生労働大臣及び関係大臣との連名による、関係事業者
団体に対する雇用維持等に対する配慮についての要請を公表した。108兆円の
経済対策による施策の活用とともに、特に急激な事業変動の影響を受けやすい
有期契約労働者、パートタイム労働者及び派遣労働者並びに新卒の内定者等の
雇用維持等に関して適切な配慮を行うよう要請している。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10839.html

●雇用維持等に対する配慮及び感染拡大防止に向けた取組みを経済団体に要請/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚生労働省は10日、経済4団体(日本経済団体連合会、日本商工会議所、
全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会)に対して、新型コロナウイルス
感染症に係る雇用維持等に対する配慮及び感染拡大防止に向けた取組みについて
要請した。要請内容は、「雇用調整助成金の特例措置等の活用による従業員の
雇用維持」、「職を失った方の雇入れについての特段の配慮」など。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10792.html

●小学校休業等対応助成金・支援金の期限を延長/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚生労働省は10日、小学校休業等対応助成金・支援金について、対象となる
休暇取得の期限を延長すると公表した。感染症に係る小学校等の臨時休業等により
仕事を休まざるをえなくなった保護者を対象に、正規雇用・非正規雇用を問わない
助成金制度(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金)と、
委託を受けて個人で仕事をしている方向けの支援金制度(新型コロナウイルス
感染症による小学校休業等支援金)について、対象となる休暇取得の期限を延長し、
4月1日から6月30日までの間に取得した休暇等についても支援を行うこととしたもの。
4月以降の助成金の支給要領等は、4月15日(水)頃改めて公表するとしている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10772.html
(助成金)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html
(支援金)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

●個人向け緊急小口資金等の特例貸付に関する相談コールセンターを設置/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚労省は11日、個人向け緊急小口資金等の特例貸付に関する相談コールセンター
を設置した。休業や失業等により当面の生活資金にお悩みの方々を対象として、
緊急小口資金等の特例貸付に関する問い合わせを受け付ける。連絡先は0120-46-1999、
受付時間は9時から21時まで(土日・祝日含む)。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10777.html

●「新卒者内定取消等特別相談窓口」を新卒応援ハローワークに設置/厚労省 新型コロナウイルス感染症関連

 厚労省は13日から、全国56カ所に設置している新卒応援ハローワークに
「新卒者内定取消等特別相談窓口」を設置した。感染症の影響で内定の取り消し
や入職時期の繰り下げにあった学生等を対象とした窓口で、電話でも相談可能。
卒業後でも利用可。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000193580_00003.html
(リーフレット)
https://www.mhlw.go.jp/content/11652000/000620656.pdf
(新卒応援ハローワーク所在地一覧)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000184061.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●最低賃金引上げの影響、対応策は「設備投資の抑制等」が最多/日商・東商

 日本商工会議所及び東京商工会議所は9日、「最低賃金引上げの影響に関する調査」
結果を発表した。昨年度の最低賃金引上げの直接的な影響を受けた中小企業の割合は、
41.8%(前年度調査比3.4ポイント上昇)。最低賃金の大幅な引上げに伴う中小企業
への影響が広がっているとしている。また、30円および40円の引上げとなった場合、
過半数の企業が「影響がある」とし、対応策としては「設備投資の抑制等」が最多、
次いで「正社員の残業時間を削減する」、「一時金を削減する」など。
https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1021779
(結果概要)
https://www.tokyo-cci.or.jp/file.jsp?id=1021778

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●約9割の企業が、感染拡大により採用活動に「影響がある」/民間調査

 ディスコは6日、新型コロナウイルス感染拡大による採用活動への影響
についての調査結果を発表した。感染拡大による採用活動への影響について、
「かなり影響がある」(46.3%)、「やや影響がある」(42.2%)など、
約9割の企業が影響を受けたと回答。業界別で「かなり影響がある」の率が
高いのは、「IT」(53.5%)、「商社・流通」(49.2%)など。
https://www.disc.co.jp/press_release/7604/
(詳細)
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/04/kigyou.kokuhou202004.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コロナウイルスに起因する壊滅的な規模の労働時間、雇用の消失が発生/ILO資料

 ILOは7日、資料「コロナウイルスと仕事の世界ILOモニタリング第2版」
を発表した。資料では、コロナウイルス危機を「第二次世界大戦後最悪の
地球規模の危機」ととらえ、2020年第2四半期に、フルタイム労働者換算で
1億9,500万人分に相当する世界の労働時間合計の6.7%が吹き飛ぶとの予想を
示している。
https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_741037/lang--ja/index.htm

●米失業保険申請660万件 新型コロナで高水準続く

 米労働省が9日発表した新規の失業保険申請件数(季節調整済み)は、
4日までの1週間で660万6,000件となり、過去最多だった前週
(686万7,000件、改定)に次ぐ高水準を記録した。新型コロナウイルスの
感染拡大で雇用情勢が急激に悪化している。(ワシントン時事)
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kaigai/20200415.html