メールマガジン労働情報 No.1537

■□――【メールマガジン労働情報/No.1537】

パワハラ防止対策等関連法の施行日案を提示/労政審雇用環境・均等分科会 ほか

―2019年11月1日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】パワハラ防止対策等関連法の施行日案を提示/労政審雇用環境・均等分科会 ほか
【統計】9月の完全失業率2.4%、前月比0.2ポイント上昇/労働力調査 ほか
【労使】新卒初任給を引き上げた企業57.2%/経団連等調査
【動向】中間管理職の仕事のやりがい、トップは「成果を認められること」/民間調査
【海外】ブラジルの農牧業労働者、機械化で150万人減少/地理統計院
【イベント】「第39回全国障害者技能競技大会」/愛知県・JEED ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20191101.html

【JILPTからのお知らせ】

☆労働政策フォーラム開催のご案内

テーマ:女性のキャリア形成を考える─就業形態・継続就業をめぐる課題と展望─
日時:2019年11月5日(火曜)14時30分~17時00分(開場13時45分)
会場:TKPガーデンシティPREMIUM神保町 大ホール(プレミアムボールルーム)(千代田区)

 女性の就業率が上昇し、いわゆるM字カーブが解消されつつあります。
一方、女性の就業者の半数以上は非正規の雇用に就いており、その割合は
この10年間ほとんど変わっていません。女性の労働環境は改善しているので
しょうか。就業形態・継続就業をめぐる課題と展望について議論します。
今回の基調講演は、労働関係図書優秀賞受賞者記念講演として、脇坂明
学習院大学経済学部教授にご講演いただく予定です。
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20191105/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇資料シリーズ No.219『諸外国における家内労働制度―ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ―』

 雇用類似の働き方の保護に関する検討に関連して、家内労働法改正が議論される
可能性があることから、諸外国(ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ)の
家内労働制度とその運用の実態について調査を行いました。調査結果と併せて、
各国における雇用類似の働き方に関する議論について紹介しています。
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2019/219.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【図書館だより/JILPT労働図書館】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●労働図書館新着情報(2019年11月の図書紹介)

 JILPT労働図書館で受け入れた主な新着図書を、コメント付きで紹介します。
・小熊 英二著『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』講談社
・各務 晶久著 『職場の紛争学 実践コンフリクトマネジメント』朝日新聞出版
・武藤 孝司著『プレゼンティーイズム その意義と研究のすすめ』星和書店
・周 燕飛著『貧困専業主婦』新潮社
https://www.jil.go.jp/lib/tayori/2019/201911/index.html

☆労働図書館の企画展示のご案内

 労働図書館では、当機構で実施している「労働関係図書優秀賞」の受賞作を
紹介する企画展示「労働関係図書優秀賞 受賞図書展」を3会期に分けて開催
しています。第3会期は「平成後期から最新受賞作まで」、開催期間は本日から
来年1月31日までです。
https://www.jil.go.jp/lib/exhibition/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●パワハラ防止対策等関連法の施行日案を提示/労政審雇用環境・均等分科会

 厚労省は10月28日、「第21回労働政策審議会雇用環境・均等分科会」を開催し、
パワーハラスメントに関する雇用管理上の措置を義務化する関連法の施行日に
ついて、大企業は2020年6月1日、中小企業は2022年4月1日とする政令案を示した。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07479.html
(改正法施行日に関する政令案)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000560443.pdf

●採用選考活動、大企業6月開始、中小企業3月開始が最多/文科省

 文部科学省は10月30日、2019年度「就職・採用活動に関する調査」(大学等調査及び
企業調査)」結果の速報版を公表した。企業調査結果によると、採用選考活動開始時期で
最も多かったのは、大企業は6月(28.4%)、中小企業は3月(27.6%)。6月以降の
開始は、大企業31.0%(前年度比8.5ポイント減)、中小企業30.0%(同2.0ポイント減)。
また、大学等調査結果によると、学生が内々定を得た時期(大学等の認識)で、
最も多かったのは、大企業は6月(38.6%)、中小企業は5月(26.2%)。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/10/1422283.htm
(企業調査結果(概要))
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/10/attach/__icsFiles/afieldfile/2019/10/30/1422318_1.pdf
(大学等調査結果(概要))
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/10/attach/__icsFiles/afieldfile/2019/10/30/1422320_1.pdf

●10月総括判断、「回復している」/全国財務局管内経済情勢報告

 財務省は10月30日、「全国財務局管内経済情勢報告概要」を公表した。2019年
7月判断と比べた10月判断の地域経済の動向は、1地域(北陸)で「下方修正」、
10地域で「据置き」、全局総括判断は、7月と同じ「回復している」。
雇用情勢は「改善している」などと分析。
https://www.mof.go.jp/about_mof/zaimu/kannai/201903/index.html

●台風第19号の災害に伴う雇用調整助成金の特例措置を追加実施/厚労省

 厚生労働省は10月30日、台風19号の影響に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を
余儀なくされ、雇用調整を行わざるを得ない事業主に対して、「雇用調整助成金」の
さらなる特例措置を講じることを発表した。休業を実施した場合の助成率を、
中小企業の場合は3分の2から5分の4へ、大企業の場合は2分の1から3分の2へ
それぞれ引き上げ、休業等に係る1年間の支給限度日数を、「100日」から「300日」へ
引き上げるとしている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07589.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●9月の完全失業率2.4%、前月比0.2ポイント上昇/労働力調査

 総務省は1日、2019年9月の「労働力調査(基本集計)」(速報)を公表した。
完全失業率(季節調整値)は2.4%で、前月に比べ0.2ポイントの上昇。完全失業者数は
168万人(前年同月比6万人増)で、4カ月ぶりの増加。就業者数は6,768万人
(同53万人増)、雇用者数は6,017万人(同51万人増)で、ともに81カ月連続の増加。
同時に19年7~9月期平均(速報)も公表された。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html
(概要)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/gaiyou.pdf
(7~9月期平均)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/ft/pdf/gaiyou.pdf

●9月の有効求人倍率1.57倍、前月比0.02ポイント低下/一般職業紹介状況

 厚生労働省は1日、「一般職業紹介状況」を公表した。2019年9月の有効求人倍率
(季節調整値)は1.57倍で、前月比0.02ポイント低下。正社員有効求人倍率
(季節調整値)は1.13倍となり、同0.01ポイント低下。都道府県別でみると、
就業地別の最高は福井県の2.09倍、最低は北海道の1.27倍、受理地別の最高は
東京都の2.06倍、最低は神奈川県の1.16倍。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00024.html
(報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000560952.pdf

●2018年の年休取得日数は9.4日、取得率52.4%/就労条件総合調査

 厚生労働省は10月29日、2019年「就労条件総合調査」結果を公表した。
18年1年間の年次有給休暇の平均取得日数は9.4日(前年9.3日)で、平均取得率は
52.4%(同51.1%)。勤務間インターバル制度の導入状況は、「導入している」
企業3.7%(同1.8%)、「導入を予定又は検討している」企業15.3%(同9.1%)。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/19/dl/houdou.pdf
(結果の概要)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/19/dl/gaikyou.pdf

●「生産はこのところ弱含み」で据え置き/9月鉱工業指数

 経済産業省は10月31日、2019年9月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(速報)を
公表した。生産指数(季節調整値)は前月比1.4%上昇の102.9と2カ月ぶりの上昇
となったが、四半期ベースでは前期比0.6%低下。基調判断は「生産はこのところ弱含み」
で据え置き。
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●新卒初任給を引き上げた企業57.2%/経団連等調査

 経団連と東京経営者協会は10月29日、2019年3月卒の「新規学卒者決定初任給
調査結果」の概要を発表した。「前年の初任給から引き上げた」企業の割合は57.2%
(前年59.0%)、「前年の初任給を据え置いた」企業の割合は42.4%(同40.8%)。
学歴別の初任給の引上げ額は、高専卒・技術系が2,078円で最も高く、次いで、
短大卒・事務系(1,954円)、短大卒・技術系(1,930円)など。初任給決定の
考慮要素では、「人材を確保する観点」が2012年(7.7%)から増加し続け、
初めて20%を超えたことについて、人手不足の深刻化が影響しているとしている。
http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/088.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●中間管理職の仕事のやりがい、トップは「成果を認められること」/民間調査

 マンパワーグループは10月25日、入社2年目の部下がいる30歳~59歳の中間管理職
を対象とした、現在感じている仕事のやりがいや働く環境についての調査結果を
発表した。7割以上が仕事にやりがいを感じていると回答、具体的な仕事のやりがい
(複数回答可)は、「成果を認められること」(45.4%)、「責任ある仕事を
任されること」(38.4%)、「仕事をやり遂げること」(38.0%)など。
https://www.manpowergroup.jp/client/jinji/surveydata/191025.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ブラジルの農牧業労働者、機械化で150万人減少/地理統計院

 ブラジル地理統計院(IBGE)は10月25日、農牧業の労働者数は2006年から17年の間に、
機械化が進んだことなどによって約150万人減少したと発表した。(時事通信)
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kaigai/20191101.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「第39回全国障害者技能競技大会」/愛知県・JEED

 「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」が、11月15日から17日まで
愛知県常滑市で開催される(主催:愛知県、独立行政法人高齢・障害・求職者
雇用支援機構〔JEED〕)。全国から386人の選手が「ワード・プロセッサ」
「ビルクリーニング」「喫茶サービス」など全23種目の技能競技に参加して、
日頃培った技能を披露し、競い合う。また、大会の一環として障害者の職業能力
及び雇用に関する展示、実演及び作業体験などを行う「障害者ワークフェア2019」を
同会場で開催する。
http://www.jeed.or.jp/disability/activity/abilympics/index.html
(障害者ワークフェア2019)
http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/q2k4vk00000268lo.html

●セミナー「暴力とハラスメントをなくすために」/大阪府

 大阪府は11月12日、セミナー「暴力とハラスメントをなくすために~だれもが大切に
される社会とは~」を大阪市で開催する。職場での暴力・ハラスメントと家庭内での
暴力について、暴力が起きる背景から、なぜ暴力やハラスメントがなくならないのかを
考えるとともに、だれもが大切にされる社会とするために、支援団体、職場、行政など、
それぞれの立場でできることを考える。参加費無料。定員100名(先着順)。
申込締切は11月11日まで。
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=22683

●「ワーク・ライフ・バランスセミナー」/練馬区

 練馬区は11月22日、「ワーク・ライフ・バランスセミナー」を同区内で開催する。
テーマは、「仕事と生活の調和を実現する~働き方改革に伴う事業者の義務と
取組事例~」、「わかる!健康な職場のつくり方~健康経営とヘルスリテラシー~」。
働き方と健康の両面からワーク・ライフ・バランスについて解説する。受講料無料。
定員60名(先着順)。
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/keihatsu/jinkendanjo/oshirase/29wlb.html