メールマガジン労働情報 No.1520

■□――【メールマガジン労働情報/No.1520】

公的年金の財政検証結果を公表/社会保障審議会年金部会 ほか

―2019年8月30日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】公的年金の財政検証結果を公表/社会保障審議会年金部会 ほか
【統計】7月の完全失業率2.2%、前月比0.1ポイント低下/労働力調査 ほか
【動向】中小企業の売上げDI、8カ月連続でマイナス/中小企業景況調査 ほか
【企業】就職氷河期世代に向けた中途採用活動を実施/山九株式会社
【法令】労働関係法令一覧(2019年7月公布分)
【イベント】「高年齢者雇用開発フォーラム」/JEED・厚労省 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20190830.html

【JILPTからのお知らせ】

☆労働政策フォーラム開催のご案内

テーマ:労働時間・働き方の日独比較
日時:2019年9月30日(月曜)13時30分~16時30分(開場12時45分)
会場:ベルサール飯田橋ファースト(文京区)

 働き方改革では長時間労働の是正が大きなテーマとなっていますが、実効性を
高めるためには働き方改革の目的(生産性向上や労働者の働きがいなど)について
労使で議論し、考えを共有する必要があるのではないでしょうか。本フォーラムでは、
第4次メルケル政権の労働政策に係る連立協定の作成過程に詳しい専門家の特別報告
をはじめ、日本とドイツの働き方の比較及び関連する労働政策等の動向を踏まえて、
働き方改革を推進していくための課題等について議論します。日独同時通訳付。
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20190930/index.html

☆2019年度・第68回東京労働大学講座専門講座 受講生募集中!(残席僅少)

 グループ討論、レポート作成など受講生参加型の講座です。第一線の講師が
指導します!「人事管理・労働経済コース」、「労働法コース」の2コースがあります。
https://www.jil.go.jp/kouza/senmon/index.html

◇『日本労働研究雑誌』2019年9月号発売中!
 [特集]労働組合は何をやっているのか?
https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2019/09/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 資料シリーズNo.218『病気の治療と仕事の両立に関するヒアリング調査
(企業調査・患者調査)』

 治療と仕事の両立に係る支援の強化が求められていることから、
「働き方改革実行計画」を踏まえ、がん患者難病患者等(がん・
脳血管疾患・心疾患・肝炎・糖尿病・難病)の就労実態を把握するため、
企業ヒアリング調査及び患者ヒアリング調査を行いました。
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2019/218.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●公的年金の財政検証結果を公表/社会保障審議会年金部会

 厚生労働省は、27日に開催された「第9回社会保障審議会年金部会」資料を
HPで公開した。年金財政の健全性に関する財政検証結果では、経済成長と
労働参加率の組み合わせによる6種類のケースについて、ケースごとに
調整給付水準調整後の標準的な厚生年金の所得代替率が示された。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212815_00011.html
(将来の公的年金の財政見通し)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/zaisei-kensyo/index.html
(財政検証結果のポイント)
https://www.mhlw.go.jp/content/000540198.pdf
(連合/事務局長談話)
https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=1068

●使用者による障害者虐待の状況を公表/厚労省

 厚生労働省は28日、障害者を雇用する事業主や職場の上司など、いわゆる「使用者」
による障害者への虐待の状況や、虐待を行った使用者に対して講じた措置などにつき、
2018年度の状況を公表した。虐待が認められた事業所は541事業所で、前年度比9.4%減。
虐待が認められた障害者は900人で、同31.2%減。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172598_00004.html

●国の機関に在職している障害者数と実雇用率、いずれも増加/厚労省

 厚生労働省は28日、2019年6月1日現在の国の機関における障害者任免状況の
集計結果を公表した。雇用障害者数は7,577.0人(前年3,902.5人)、実雇用率2.31%
(同1.22%)で、いずれも前年度より増加。地方公共団体、独立行政法人等及び民間
企業における障害者の雇用状況については、12月末までに公表する予定。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06405.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●7月の完全失業率2.2%、前月比0.1ポイント低下/労働力調査

 総務省は30日、2019年7月の「労働力調査(基本集計)」(速報)を公表した。
完全失業率(季節調整値)は2.2%で、前月に比べ0.1ポイントの低下。
完全失業者数は156万人(前年同月比16万人減)で、2カ月連続の減少。
就業者数は6,731万人(同71万人増)、雇用者数は6,034万人(同81万人増)で、
ともに79カ月連続の増加。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html
(概要)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/gaiyou.pdf

●7月の有効求人倍率1.59倍、前月比0.02ポイント低下/一般職業紹介状況

 厚生労働省は30日、「一般職業紹介状況」を公表した。2019年7月の有効求人倍率
(季節調整値)は1.59倍で、前月比0.02ポイント低下。正社員有効求人倍率
(季節調整値)は1.14倍となり、同0.01ポイント低下。都道府県別でみると、
就業地別の最高は岐阜県の2.15倍、最低は北海道の1.29倍、受理地別の最高は
東京都の2.09倍、最低は神奈川県の1.17倍。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00021.html
(報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000540074.pdf

●「生産は一進一退」で据え置き/7月鉱工業指数

 経済産業省は30日、2019年7月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(速報)を公表した。
生産指数(季節調整値)は前月比1.3%上昇の102.7で、2カ月ぶりの上昇。自動車工業、
化学工業(除.無機・有機化学工業・医薬品)、パルプ・紙・紙加工品工業等が上昇。
基調判断は「生産は一進一退」で据え置き。
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html

●消費者マインドの基調判断、「弱まっている」で据え置き/8月消費動向調査

 内閣府は29日、2019年8月の「消費動向調査」結果を公表した。「消費者態度指数
(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月から0.7ポイント低下して37.1。
11カ月連続で前月を下回った。「耐久消費財の買い時判断」、「暮らし向き」及び
「雇用環境」が前月から低下した。消費者マインドの基調判断は、「弱まっている」
で据え置き。
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/shouhi.html
(報道発表資料)
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/youten.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●中小企業の売上げDI、8カ月連続でマイナス/中小企業景況調査

 日本政策金融公庫は27日、中小企業景況調査(8月)結果を公表した。
売上げDI(増加-減少)はマイナス7.6(前月比4.0ポイント低下)で、8カ月
連続のマイナス圏。建設関連や設備投資関連、電機・電子関連などで低下。
製造業の従業員判断DI(不足-過剰)は14.3(同1.2ポイント低下)で、
出版・印刷業や化学工業、輸送用機械器具製造業などで低下。
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/keikyoyouyaku_1908.pdf
(全文)
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/keikyo_190827.pdf

●正社員不足は48.5%、1年前より2.4ポイント減少/民間調査

 帝国データバンクは22日、「人手不足に対する企業の動向調査(2019年7月)」
結果を発表した。正社員が不足している企業は48.5%で、1年前(2018年7月)比
2.4ポイント減少し、高水準ながら、若干の減少がみられたとしている。業種別では
「情報サービス」、「旅館・ホテル」、「メンテナンス・警備・検査」、「建設」、
「運輸・倉庫」、「飲食店」などが上位。非正社員が不足している企業は29.8%で、
同3.2ポイント減少。業種別では「飲食店」、「飲食料品小売」、「娯楽サービス」、
「旅館・ホテル」、「人材派遣・紹介」などが上位。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190804.html
(詳細)
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p190804.pdf

●「働き方改革は成功している」と考える人は3割/民間調査

 BIGLOBEは27日、「働き方に関する意識調査2019」調査結果を発表した。
働き方改革が成功しているか尋ねたところ、「成功している」(31%)、
「成功していない」(69%)。働き方改革で効果があったもの(複数回答)は、
「休暇取得の増加」(33.1%)、「労働時間の削減」(18.3%)など。
「今後、働き方改革として進めて欲しいもの」では「休暇取得の増加」(29.9%)、
「週休三日制の推進」(23.0%)、「夏季休暇等の長期化」(19.5%)、
「労働時間の削減」(18.0%)が上位となった。
https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2019/08/190827-1

●日本で働く人の管理職志向は、アジア太平洋地域で最下位、ダイバーシティ
受容度は最低/民間調査

 パーソル総合研究所は27日、「APAC就業実態・成長意識調査(2019年)」
結果を発表した。APAC(アジア太平洋地域)と日本の「はたらく意識」の特徴を
国際比較したもの。日本は管理職になりたい人の割合が21.4%で、APACで最低。
勤務先以外での学習や自己啓発について、日本は「特に何も行っていない」が
46.3%で最高。また、日本はダイバーシティ受容度が最低で、女性上司や外国人
と働く抵抗感が最も高いとしている。
https://rc.persol-group.co.jp/news/201908270001.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【企業】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●就職氷河期世代に向けた中途採用活動を実施/山九株式会社

 山九株式会社は22日、就職氷河期世代に向けた中途採用活動を9月1日から
実施すると発表した。政府が進める「就職氷河期世代支援プログラム」に賛同
したもので、採用人数は正社員として毎年100名、3年間で合計300名の採用枠を
設ける。選考にあたっては、採用のミスマッチを未然に防止する為、必要に応じて
2・3日間程度の社会人インターンシップを行うとしている。
https://www.sankyu.co.jp/
(報道発表資料)
https://www.sankyu.co.jp/news/r010822news.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【法令】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●労働関係法令一覧(2019年7月公布分)
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hourei/201907.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「高年齢者雇用開発フォーラム」/JEED・厚労省

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)と厚生労働省は共催で
10月3日、2019年度「高年齢者雇用開発フォーラム」を千代田区で開催する。
高年齢者が働きやすい職場環境にするために企業等が行った創意工夫事例を
募集した「高年齢者雇用開発コンテスト」の表彰式、記念講演「シニア就業の
自助・共助・公助~人生100年時代に向けて~」、コンテスト表彰企業等による
事例発表、トークセッションなどを予定。参加無料。定員400名(先着順)。
申込締切は10月1日。
http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/forum.html

●「実務に役立つ労働法講座」/かながわ労働センター川崎支所

 かながわ労働センター川崎支所は、職場で必要な労働法の基礎から徹底解説
「実務に役立つ労働法講座」を川崎市で開催する。労働基準法などの労働法の
基礎から、ハラスメント問題や労使協定、また働き方改革関連法や重要判例などの
最新トピックスまで、専門の講師が解説する。日程は10月3日~29日(全8回)。
受講料5,100円(全8回)。定員60名(先着順)。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jg5/cnt/f7615/documents/r01chuukiroudoukouza.pdf

●セミナー「デジタル革新時代の働き方とキャリア―Society5.0からの問題提起」/法政大学

 法政大学大学院キャリアデザイン学研究科は10月19日、セミナー「デジタル
革新時代の働き方とキャリア Society5.0からの問題提起」を同大学市ヶ谷
キャンパスで開催する。講演「Society5.0 ともに創造する未来」、社会人修了生
による体験談、進学相談会を予定。入場無料。事前予約不要。
https://www.hosei.ac.jp/gs/NEWS/topics/nyushi/190821_2.html