メールマガジン労働情報 No.1435

■□――【メールマガジン労働情報/No.1435】

年次有給休暇の取得促進/厚労省 ほか

―2018年10月5日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】年次有給休暇の取得促進/厚労省 ほか
【統計】現金給与総額、前年同月比0.9%増/8月毎勤統計 ほか
【動向】2018年9月の景気DI、49.4/民間調査 ほか
【企業】テレワーク制度を拡充し、対象をオフィス部門全社員へ/デンソー
【海外】「SDGsと企業戦略」を刊行/ILO
【イベント】「働くパパママ育休取得応援奨励金説明会」を開催/東京しごと財団 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20181005.html

【JILPTからのお知らせ】

☆労働政策フォーラム開催のご案内

テーマ:「中小企業の人材確保・育成― 人が定着して活躍する職場をめざして ―」
日時:2018年10月30日(火曜)13時30分~16時30分(開場12時45分)
会場:浜離宮朝日ホール 小ホール

 中小企業の先行事例報告を踏まえ、中小企業の人材確保・育成・定着につながる
人事管理のあり方について議論を深めます。
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20181030/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇調査シリーズ No.183『ものづくり産業における労働生産性向上に向けた人材育成と能力開発
に関する調査結果』
https://www.jil.go.jp/institute/research/2018/183.html

◇ディスカッションペーパー18-06『職業レディネス・テスト第3版の尺度の信頼性および
換算規準の妥当性に関する検討』
https://www.jil.go.jp/institute/discussion/2018/18-06.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●年次有給休暇の取得促進/厚労省

 厚生労働省は、年次有給休暇を取得しやすい環境整備推進のため、10月を
「年次有給休暇取得促進期間」に設定している。労働基準法が改正され、
2019年4月より、使用者は、年10日以上の年次有給休暇が付与される全ての
労働者に対し、毎年5日間について、時季を指定して年次有給休暇を与える
ことが必要となった。この制度改正を契機として、計画的付与制度の一層の
導入が図られるよう、周知広報に努めていくとしている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000179301_00006.html

●病気の治療と仕事の両立支援に取り組んでいる企業割合、52.0%/東京労働局

 東京労働局は9月28日、「2018年度病気の治療と仕事の両立支援アンケート」
調査結果を発表した。両立支援に取り組んでいる企業は52.0%、業種別では、
製造業が59.8%で最も高い。両立支援の対象としている病気は、「メンタル不調」
(21.7%)、がん(14.7%)、「脳血管疾患」(8.9%)など。
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000312483.pdf

●「農の雇用事業」第4回目の募集を開始/農水省

 農林水産省は1日、「農の雇用事業」(第4回目、2019年2月研修開始分)の
募集を開始したと発表した。同事業は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用し、
営農に必要な農業技術や経営ノウハウ等を習得させるために実施する研修に対して
支援を行うもの。募集期間は11月30日まで。今回の募集が今年度の最終回となる。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/181001.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●現金給与総額、前年同月比0.9%増/8月毎勤統計

 厚生労働省は5日、2018年8月の「毎月勤労統計調査」結果(速報、事業所規模5人以上)
を公表した。現金給与総額は、一般労働者が前年同月比0.8%増、パートタイム労働者が
同2.2%増。パートタイム労働者比率は30.70%で前年同月と同水準。現金給与総額の
就業形態計は、同0.9%増の27万6,366円となった。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3008p/dl/pdf3008p.pdf
(統計表等)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3008p/3008p.html

●8月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質2.8%増/家計調査報告

 総務省は5日、2018年8月の「家計調査報告」(速報)を公表した。二人以上世帯の
1世帯当たりの消費支出は、前年同月比実質2.8%増の29万2,481円。勤労者世帯の
実収入は、1世帯当たり同0.6%減の51万437円。いずれも調査方法の変更の影響
による変動を調整した推計値。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html

●被保護世帯は163万7,745世帯、前年同月比で減少/7月被保護者調査

 厚生労働省は3日、生活保護法に基づく「被保護者調査」(2018年7月分概数)
結果を公表した。被保護実人員は209万8,973人で、前年同月比2万8,232人減少。
被保護世帯は163万7,745世帯で、同3,342世帯減少。世帯類型別では、高齢者世帯が
88万791世帯(前年同月比1万7,741増)で最多(構成割合54.1%)。母子世帯は
8万7,012世帯(同5,979減)。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hihogosya/m2018/dl/07-01.pdf
(統計表等)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hihogosya/m2018/07.html

●要介護(要支援)認定者数651.2万人/7月介護保険事業状況報告

 厚生労働省は3日、「介護保険事業状況報告」(2018年7月暫定版)を公表した。
2018年7月末現在、要介護(要支援)認定者数は651.2万人で、うち男性204.6万人、
女性446.7万人。第1号被保険者に対する65歳以上の認定者数の割合は約18.2%。
https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m18/dl/1807a.pdf
(統計表等)
https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m18/1807.html

●消費者態度指数43.4 4カ月ぶりの対前年増/9月消費動向調査

 内閣府は2日、2018年9月の「消費動向調査」結果を公表した。「消費者態度指数
(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月から0.1ポイント上昇して43.4。4か月ぶりに
前月を上回った。指数を構成する4項目のうち「雇用環境」は前月と同じ。他の3項目は、
「耐久消費財の買い時判断」及び「収入の増え方」が上昇、「暮らし向き」が低下。
消費者マインドの基調判断は、「弱い動きがみられる」で据置き。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/youten.pdf
(統計表等)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/shouhi.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2018年9月の景気DI、49.4/民間調査

 帝国データバンクは3日、「TDB景気動向調査(全国)」(9月調査)を発表した。
9月の景気DIは前月比0.1ポイント減の49.4で、3カ月ぶりに悪化。国内景気は
足踏み状態だとしている。地域別では、「北海道」「近畿」など10地域中6地域が悪化、
「南関東」など3地域が改善、「北関東」が横ばいとなった。地震や台風など自然災害が
相次ぎ、被災地域を中心に悪影響が表れた一方で、インバウンド需要や公共工事の
増加は好材料となり、景況感はまだら模様が続いたとしている。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/k181001.html

●「人生100年時代」に対して、半数は「ポジティブ」/民間調査

 アデコは9月27日、有職者を対象にした『「人生100年時代」のキャリアビジョン
に関する意識調査』結果を発表した。「人生100年時代」に対する意識は、
「ポジティブ」(47.9%)、「ネガティブ」(40.8%)。働きたい年齢は、
「65歳位まで」(24.0%)、「年齢は問わず、元気な限り働きたい」(22.9%)、
「70歳位まで」(20.1%)、「60歳位まで」(14.4%)など。セカンドキャリア
(定年後や今の仕事を持ちながらの副業等)についてのビジョンは、72.8%の
人が「持っていない」と回答。
https://www.adecco.co.jp/about/pressroom/investigation/2018/0927/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【企業】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●テレワーク制度を拡充し、対象をオフィス部門全社員へ/デンソー

 デンソーは1日、テレワークの利用対象者をオフィス部門の全社員へと拡大する
とともに、IT環境を整え、働く時間や場所をより柔軟に選択できるようにすると
発表した。今後、社員は会社貸与のパソコン等を用いて業務が可能な場所で、
それぞれのライフスタイルに応じた時間配分で仕事ができるため、育児・介護や
自己啓発、家事などの時間を確保しながら、それ以外の時間で業務を行うことが
可能になるとしている。
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2018/20181001-01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「SDGsと企業戦略」を刊行/ILO

 ILOは3日、「SDGsと企業戦略―競争力強化と社会的責任ある経営・雇用戦略―」
を刊行した。2015年に国連が提起した「持続可能な開発目標(SDGs)」のうちの目標8
「ディーセント・ワークの促進」を達成するため、日本企業に大きな期待を寄せ、
社会的責任のある労働慣行を推奨するとしている。本文では、「社会的責任ある
労働慣行とは」「ディーセント・ワーク実現のためのチェックリスト」
「多国籍企業宣言の理解と運用のためのツール」などについて紹介している。
https://www.ilo.org/tokyo/information/publications/WCMS_646082/lang--ja/index.htm
(刊行物)
https://www.ilo.org/wcmsp5/groups/public/---asia/---ro-bangkok/---ilo-tokyo/documents/publication/wcms_646082.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「働くパパママ育休取得応援奨励金説明会」を開催/東京しごと財団

 東京しごと財団は10月11日、「働くパパママ育休取得応援奨励金説明会」を
千代田区で開催する。同奨励金の申請を検討中の企業を対象に、奨励金の概要について
説明を行う。定員50名、電話による事前申し込みが必要。
http://www.shigotozaidan.jp/koyo-kankyo/seminar/papamamasetsumeikai0629.html

●セミナー「ズバリ解説!これからの非正規労働」を開催/神奈川県かながわ労働センター県央支所

 かながわ労働センター県央支所は、非正規労働セミナー「ズバリ解説!
これからの非正規労働」を神奈川県相模原市で開催する。日程及び内容は、
10月30日「待ったなし、働き方改革スタート~法改正についての要点解説~」、
11月2日『「不合理な労働条件の禁止」と「無期転換ルール」~最新の裁判例解説
を含めた実務の現状~』。受講料無料。定員各回84名(事前申込制・先着順)。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/w4v/cnt/f7599/

●「第2回サステナビリティ・フォーラム」を開催/ILO

 ILOは10月17日、「第2回サステナビリティ・フォーラム~Win-Win-Win
パートナーシップ構築で東京2020大会をすべての人が輝く祭典に~」を渋谷区で
開催する。より多くのよりよい仕事を創出するために、自社やサプライチェーン
におけるステークホルダーとのパートナーシップを中心に、持続可能性に配慮した
調達と責任ある労働慣行に関する情報提供や意見交換を行う。日英同時通訳付き。
参加費無料。申込締切は10月10日まで。
https://www.ilo.org/tokyo/events-and-meetings/WCMS_645383/lang--ja/index.htm