メールマガジン労働情報 No.1416

■□――【メールマガジン労働情報/No.1416】

地域別最賃の改定目安を答申 加重平均26円は過去最高/中央最低賃金審議会 ほか

―2018年7月27日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】地域別最賃の改定目安を答申 加重平均26円は過去最高/中央最低賃金審議会 ほか
【統計】建設労働需給、5月は0.8%、6月は1.3%不足/建設労働需給調査 ほか
【動向】「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」30.1%/民間調査 ほか
【企業】積水ハウス、育休1カ月以上を必須に 男性社員向け新制度
【法令】労働関係法令一覧(2018年6月公布分)
【イベント】セミナー「コンセプト・プランニングの極意~魅力を創る」を開催/職業大 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20180727.html

【JILPTからのお知らせ】

☆労働政策フォーラム開催のご案内

テーマ:「働き方改革とテレワーク」
日時:2018年9月26日(水曜)13時30分~16時30分(開場12時45分)
会場:JA共済ビル カンファレンスホール

 働き方改革の推進のためにテレワークを導入し、労働時間の削減やワーク・ライフ・
バランスの向上などに役立てている企業がある一方、テレワークをめぐっては
労働時間の管理や社内コミュニケーションの機会の減少などの課題も指摘されています。
本フォーラムでは、先行企業の運用事例を踏まえ、働き方改革につながるテレワーク・
在宅勤務のあり方について議論します。
http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20180926/index.html

◇『ビジネス・レーバー・トレンド』2018年8・9月合併号発売中!
 「福利厚生のトレンド」
http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2018/08_09/index.html

◇『日本労働研究雑誌』2018年8月号発売中!
 [特集]「職業と労働市場」
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2018/08/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●地域別最賃の改定目安を答申 加重平均26円は過去最高/中央最低賃金審議会

 中央最低賃金審議会は26日、2018年度地域別最低賃金額改定の目安について、
加藤勝信厚生労働大臣に答申した。引上げ目安は、東京、愛知、大阪など
「Aランク」が27円、静岡、京都、広島など「Bランク」が26円、北海道、岡山、
福岡など「Cランク」が25円、青森、愛媛、沖縄など「Dランク」が23円。
全国加重平均は26円(昨年度は25円)で、最低賃金が時給で決まるようになった
2002年度以降、最高額。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172722_00001.html
(連合/事務局長談話)
https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=996

●「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」を開催

 政府は24日、「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」を開催した。
議事は、『新制度創設に向けた今後の検討の進め方』『「外国人材の受入れ・
共生のための総合的対応策」の検討の方向性』。「経済財政運営と改革の基本方針
2018」において、一定の専門性・技能を有する外国人材に就労目的の新たな
在留資格を創設するなどとしたことをうけたもの。今後、年内の取りまとめに向けて、
関係者からの意見を聞きながら、取組の拡充・具体化を検討するとしている。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gaikokujinzai/kaigi/dai1/gijisidai.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●建設労働需給、5月は0.8%、6月は1.3%不足/建設労働需給調査

 国土交通省は25日、「建設労働需給調査」(2018年6月調査)結果を公表した。
鉄筋工など8職種の全国の過不足率は5月は0.8%、6月は1.3%の不足となり、
0.5ポイント不足幅が拡大。東北地域は、5月は1.0%の不足、6月は0.0%(均衡)
となり、1.0ポイント不足幅が縮小。
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000778.html

●7月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.8%上昇/東京都区部消費者物価指数

 総務省は27日、2018年7月の東京都区部消費者物価指数(中旬速報値)を公表した。
生鮮食品を除く総合指数は100.5で、前年同月比0.8%の上昇。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-t.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」30.1%/民間調査

 リクルートキャリアは23日、「2018年4-6月期 転職時の賃金変動状況」を発表した。
「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%。前年同期比
2.0ポイント上昇。13年以降、上昇基調が続いているとしている。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/180723-01/

●長く働き続けるための「学び直し」の実態と意識/民間調査

 第一生命経済研究所は24日、「人生100年時代の働き方に関するアンケート調査」
結果を発表した。職業能力開発(学び直し)の実施状況について分析を行ったところ、
学び直しを「現在おこなっている」が約1割、「おこなうつもりはない」が約半数。
なぜ学び直しをしていないのかを尋ねたところ、「将来的に学び直しをしようと思って
いる人」では、「学ぶための時間がない」(47.9%)、「学ぶための費用がない」(40.3%)など。
「学び直しをおこなうつもりがない人」では、「自分には関係ない」が33.3%で第1位。
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/ldi/2018/news1807_01.pdf

●選考辞退が増えたと感じる企業は50%/民間調査

 エン・ジャパンは25日、「中途採用の選考辞退実態調査」結果を発表した。
「以前よりも選考辞退が増えた」と感じる企業は50%(対前年比3ポイント増)。
応募者の選考辞退の理由は、「他社の選考を通過した・内定を取得した」(74%)、
「希望する給与・待遇ではなかった」(21%)など。
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14349.html

●会社員の54.6%が、自分が勤める会社を「昭和的」と評価/民間調査

 ワークスモバイルジャパンは24日、「昭和的働き方」についての意識調査結果を
発表した。自分が勤める会社や働き方について、54.6%が「昭和的」だと回答。
昭和的な働き方のイメージは、「休暇が取りづらい」(56.3%)、「働く時間が長い」
(47.9%)、「残業が評価される」(43.3%)など。一方、イマドキな働き方の
イメージは、「休暇が取りやすい」(54.3%)、「仕事が終わればすぐに帰っても
良い雰囲気がある」(45.5%)「残業時間と評価は関係ない」(43.3%)など。
https://line.worksmobile.com/jp/home/pr/20180724

●2019年卒予定大学生、7月1日時点の就職内定率81.8%/民間調査

 リクルートキャリアの研究機関・就職みらい研究所は25日、「就職プロセス調査」結果
(確報版)を発表した。7月1日時点での2019年卒予定大学生の就職内定率は81.8%、
前年同月(79.1%)と比べて2.7ポイント高い。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/180725-01/

●若手社会人の意識調査、上司を尊敬7割超え/民間調査

 レジェンダ・コーポレーションは25日、若手社会人の意識調査結果を発表した。
新卒で入社した入社9年目までの社会人に対して、上司を尊敬しているか尋ねたところ、
75.2%が尊敬できると回答。上司に求める人間力は「コミュニケーションスキル」(51.9%)、
「リーダーシップ」(51.2%)など。
https://www.leggenda.co.jp/news/press-20180725-01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【企業】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●積水ハウス、育休1カ月以上を必須に 男性社員向け新制度

 積水ハウスは26日、3歳未満の子どもを持つ男性社員に必ず1カ月以上の育児休業を
取得させる制度を導入すると発表した。9月1日から実施する。約1,400人が対象。
最大3年間取得でき、1カ月分は有給とする。企業が男性社員に長期間の育休取得を
必須とする制度は珍しい。(時事通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kigyo/20180727.html
▽積水ハウス/ニュースリリース
http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/__icsFiles/afieldfile/2018/07/26/20180726.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【法令】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●労働関係法令一覧(2018年6月公布分)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hourei/201806.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●セミナー「コンセプト・プランニングの極意~魅力を創る」を開催/職業大

 職業能力開発総合大学校は8月30日~31日の2日間、自社製品・サービスの価値を
顧客に対して魅力的に伝えるための思考技術の習得に関するセミナーを墨田区で開催する。
現場を踏まえた実践的な演習を豊富に取り入れ、営業・広報担当者のほか、組織の中で
新しい企画の提案を目指す方にも最適。講師は大手企業の戦略を多数手がけた大手広告
代理店出身者。定員30名。受講料6,000円。
http://www.uitec.jeed.or.jp/images/news/20180719skillup.pdf

●都内各地でテレワーク体験セミナーを開催/東京都

 東京都は、テレワークの導入を検討している中堅・中小企業等を対象に、機器の操作を
通じて導入メリット等を学ぶことができる「体験セミナー」を都内各地で開催する。
テレワーク勤務の1日の流れを例にとり、様々なテレワークツールを利用体験できる。
8・9月の開催日程は8月6日、23日、9月5日、21日、26日。参加費無料。
各回定員20名。要事前予約。
https://tokyo-telework.jp/seminar/taiken_seminar/