メールマガジン労働情報 No.1411

■□――【メールマガジン労働情報/No.1411】

6月の街角景況感、前月差1.0ポイント上昇/景気ウォッチャー調査 ほか

―2018年7月11日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】2017年度の苦情相談件数は1,111件、前年度比69件増/人事院 ほか
【統計】6月の街角景況感、前月差1.0ポイント上昇/景気ウォッチャー調査 ほか
【労使】長時間労働の是正が賃下げにならない賃金諸制度の見直しを/運輸労連定期大会 ほか
【動向】「人手不足倒産」70件、3年連続前年同期比増/民間調査 ほか
【海外】6月の米失業率、4.0%に上昇 就業者は21.3万人増
【イベント】対談&交流会「“子連れ出勤”を考える―授乳服開発とその後―」を開催/日本女性学習財団 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20180711.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2017年度の苦情相談件数は1,111件、前年度比69件増/人事院

 人事院は6日、行政執行法人職員を除く各府省一般職の国家公務員の2017年度
苦情相談の状況を公表した。相談件数は1,111件(前年度1,042件)で、14年度以降
4年連続で1,000件超え。事案数は823事案(同754事案)。相談内容は「パワハラ」が
最も多く184事案(22.3%)、次いで「勤務時間・休暇・服務等」178事案(21.6%)、
「任用」159事案(19.3%)、「健康安全等」84事案(10.2%)の順。
http://www.jinji.go.jp/kisya/1807/soudan29.htm

●「テレワーク先駆者百選」の募集及び総務省働き方改革セミナーを開催/総務省

 総務省は9日、「テレワーク先駆者百選」の募集及び総務省働き方改革セミナー
を開催すると発表した。テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を
「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク
先駆者百選」として選定・公表する。募集は9月3日まで。あわせて、テレワークの
最新動向、情報通信技術や労務管理上の留意点、導入企業の事例等を紹介する
「働き方改革セミナー」を9月から2019年3月まで全国10箇所で開催する。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000207.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●6月の街角景況感、前月差1.0ポイント上昇/景気ウォッチャー調査

 内閣府は9日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年
6月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表した。現状判断DI(季節調整値)は、
前月差1.0ポイント上昇の48.1で、2か月ぶりの上昇。先行き判断DI(季節調整値)は、
前月差0.8ポイント上昇の50.0。「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感が
みられる。先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、
引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」としている。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2018/0709watcher/bassui.html
(統計表等)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2018/0709watcher/menu.html

●景気判断、全ての地域で変更なし/日銀地域経済報告

 日本銀行は9日、7月の「地域経済報告―さくらレポート―」を公表した。
景気の総括判断は、いずれの地域も前回(4月)からの変更はなく、6地域(北陸、
関東甲信越、東海、近畿、中国、九州・沖縄)で「拡大」または「緩やかに拡大」、
3地域(北海道、東北、四国)で、「緩やかな回復を続けている」などとしている。
http://www.boj.or.jp/research/brp/rer/rer180709.htm/

●一致指数、前月比1.4ポイント下降/5月景気動向指数

 内閣府は6日、2018年5月の「景気動向指数(速報)」を公表した。
景気の現状を示す「一致指数」は116.1で、前月比1.4ポイント下降。
4か月ぶりの下降。「耐久消費財出荷指数」「投資財出荷指数(除く輸送機械)」
「有効求人倍率(除学卒)」などがマイナスに寄与。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●長時間労働の是正が賃下げにならない賃金諸制度の見直しを/運輸労連定期大会

 トラック運輸を中心にさまざまな輸送分野の組合で構成する運輸労連(難波淳介委員長、
14万5,000人)は7月4,5の両日、都内で定期大会を開き、2018年度の運動方針を決めた。
方針は、2018春闘の賃上げ状況について「深刻化するドライバー不足のなかで、20年ぶりに
平均妥結額が2,000円台に回復する見込みだ」などと評価したうえで、今後も格差是正の
取り組みを継続していく必要性を強調。総労働時間の短縮では、自動車運転者の総拘束時間を
運輸労連が目標値として掲げる年間3,300時間以内に縮減するなどの取り組み推進を打ち出している。
難波委員長は、「長時間労働の是正が賃下げとならないよう、固定給部分を厚くするなど賃金諸制度の
見直しを進めて行かなければならない」と訴えた。(JILPT調査部)
http://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20180711.html

●2018春季生活闘争最終回答集計を公表/連合

 連合は6日、2018春季生活闘争の最終集計結果となる第7回回答集計結果を公表した。
7月4日午前10時時点で集約された賃上げ回答(平均賃金方式、5,575組合、加重平均)は、
金額で5,934円(前年比222円の増加)、率では2.07%(前年比0.09ポイントの増加)となった。
https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/roudou/shuntou/2018/yokyu_kaito/index.html#kaito_no07

●大手企業の賃上げ妥結結果最終集計を公表/経団連

 経団連は10日、2018年春季労使交渉における大手企業の業種別妥結結果の最終集計
(116社、加重平均)を発表した。賃上げ水準(加重平均)は、金額で8,539円
(前年比784円の増加)、率では2.53%(前年比0.19ポイントの増加)となった。
http://www.keidanren.or.jp/policy/2018/055.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「人手不足倒産」70件、3年連続前年同期比増/民間調査

 帝国データバンクは9日、「人手不足倒産」の動向調査(2018年上半期)結果を発表した。
18年上半期(1~6月)の「人手不足倒産」は70件発生し、3年連続で前年同期を上回った。
負債規模別件数は、「1億円未満」が38件と過半を占め、前年同期(19件)の2倍。
業種別件数は、「サービス業」19件、建設業18件、「運輸・通信業」12件など。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p180702.html

●内定率は81.1%、前月より15.4ポイント上昇/民間調査

 ディスコは6日、2019年3月卒業予定の大学4年生等を対象に行った「キャリタス
就活2019学生モニター調査結果(7月1日時点)」を発表した。内定率は81.1%で
前月より15.4ポイント上昇。未内定者のうち6割(62.7%)が「内定の見通しが
立っていない」としている。
http://www.disc.co.jp/pressrelease/detail/19monitor_201807_sokuho-5998.htm

●仕事での充実より、私生活を重視する傾向/民間調査

 株式会社ジェックは6日、新入社員「企業人としての意識」調査結果を発表した。
仕事と私生活について、「仕事も大切だが、むしろ私生活を大事にした方が人間らしい
生き方ができる」に対して、「そう思う」が前年比3.6ポイント上昇した。
入社動機では、「休日が多い」「転勤がない」を理由に挙げた割合が2012年ごろから
徐々に増加しており、入社動機として重要視する傾向が強くなっているとしている。
http://www.jecc-net.co.jp/team/md/2018S.pdf

●6月の転職求人倍率、1.77倍/民間調査

 リクルートキャリアは9日、転職支援サービス「リクルートエージェント」
における2018年6月末日時点の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は1.77倍で、
前年同月比0.10ポイント減。職種別にみると、前月に引き続きインターネット専門職
(4.93倍)、組込・制御ソフトウエア開発エンジニア(4.44倍)などが高い。
求人数は34職種中22職種が増加(うち14職種は過去最高)。登録者数では34職種中
26職種が増加し、かつ過去最高。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/180709-01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●6月の米失業率、4.0%に上昇 就業者は21.3万人増

 米労働省が6日発表した6月の雇用統計によると、失業率は4.0%と前月の3.8%
から上昇した。今年3月(4.1%)以来の高水準だが、景気拡大を背景とした雇用の
底堅さを改めて示した。(ワシントン時事)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kaigai/20180711.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●対談&交流会「“子連れ出勤”を考える―授乳服開発とその後―」を開催/日本女性学習財団

 日本女性学習財団は7月27日、第1回(公財)日本女性学習財団キャリア支援
デザイナー企画協働事業 対談&交流会「“子連れ出勤”を考える―授乳服開発と
その後―」を岐阜市で開催する。授乳服の開発後、自社で子連れ出勤を実践している
講師を囲んで、女性が主体的にキャリアを形成をすることについて考える。
交流会の時間もあり。参加費無料、定員20人(先着順)
http://www.jawe2011.jp/career/career2018.html#event20180727

●第65回「勤労者専門セミナー」を開催/経営民主ネットワーク

 経営民主ネットワークは8月28日午後2時から、第65回「勤労者専門セミナー」を
東京・港区で開催する。今回は、「北欧福祉国家に未来はあるか―スウェーデン・
デンマークのLO(全国労組)本部を訪問して」をテーマに、労働社会ジャーナリストの
高木雄郷氏(経営民主ネットワーク事務局長)が講義を行う。定員30名。参加費無料
(資料代別500円)。

 (リンク先なし)

▽会場:友愛会館JAM会議室(東京都港区芝2-20-12 友愛会館12階)
▽申し込み先:経営民主ネットワーク
 TEL&FAX:0475(88)3821
 E-mail:jwdnetwork[at]mbr.nifty.com [at]を@にご修正ください