現在実施中のアンケート調査
「企業における退職金等の状況や財形貯蓄の活用状況に関する実態調査(企業調査)」 「勤労者の財産形成に関する調査(従業員調査)

調査の名称

「企業における退職金等の状況や財形貯蓄の活用状況に関する実態調査(企業調査)」
「勤労者の財産形成に関する調査(従業員調査)」

調査の趣旨・概要

就業者の高齢化が進む中で退職金の支給状況がどのように変化しているのか、また、資産形成手段が多様化する中で財形貯蓄制度の利用状況やどのようなニーズがあるのかを把握することを目的としています。

調査対象者

  • 企業調査:企業規模、産業の区分により無作為に抽出された従業員規模10人以上の全国の企業10,000社
  • 従業員調査:調査対象企業にお勤めの従業員約40,000人

調査実施部署

調査部(統計解析担当)

調査実施期間

2019年5月17日(金曜)~5月31日(金曜)

調査に関するお問合せ先

電話(専用フリーダイヤル)0800-111-6661(平日10時~12時,13時30分~17時)
FAX:03-3770-6820
E-mail:roudou[at]timeagent.co.jp  ※[at]を@にご修正ください

調査主体

独立行政法人 労働政策研究・研修機構(担当:調査部/岩田,上村)

調査票の発送・回収・入力 委託先

株式会社タイム・エージェント(担当:調査本部/荒木,大濱)