現在実施中のアンケート調査
人生100年時代の企業人と社会貢献についてのアンケート

調査の名称

人生100年時代の企業人と社会貢献についてのアンケート

調査の趣旨・概要

「人生100年時代」と呼ばれる中で、キャリアのあり方や働き方の多様性が注目されるようになっています。パラレルキャリアあるいはセカンドキャリアとして、主たる仕事の他に、社会貢献活動やボランティア活動を選択することを推奨したのは、P.F.ドラッカーでした。以来、そのあり方について様々な場面で議論されてきましたが、日本では、働き方改革を背景に、再び注目されています。

このアンケート調査は、企業に働く方の社会貢献活動(パラレルキャリア)に対する意識についてうかがいます。本調査は、企業5社の調査研究のご協力を得て、約1万人の企業人の方からご回答をいただく予定です。人生100年時代の企業人の社会貢献活動を推進し、より豊かなキャリアを作るために、どのような社会システムを構築していけばいいのかを分析、考察する予定です。

ご多用中誠に恐縮に存じますが、本調査に何とぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

調査対象者

当該研究プロジェクトの協力企業に勤める従業員、約1万人

調査実施部署

雇用構造と政策部門

調査実施期間

平成30年11月1日(木曜)~12月25日(火曜)

調査運営委託先(WEB画面、システム設計、集計等)

株式会社クロス・マーケティング新しいウィンドウ
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
電話:アンケート担当事務局 03-6859-2256(問合わせ時間:平日9時半~18時半)

調査の趣旨・目的に関する問い合わせ先

独立行政法人 労働政策研究・研修機構
担当:雇用構造と政策部門 小野
電話:03-5991-5147(問合わせ時間:平日10時~17時)