研究双書
労使関係のフロンティア 労働組合の羅針盤【増補版】

定価: 3,500円+税 | 2012年11月1日発行 | 平成23年度冲永賞/2012年度日本労働ペンクラブ賞受賞

呉 学殊[著]| A5判 | 450頁 | ISBN978-4-538-61007-8

表紙画像

ご注文方法

当機構への直接注文が最も早くご購入いただけます。

経営資源としての労働組合、労使コミュニケーション!

バブル崩壊以降、労使関係を取り巻く環境は激変しています。本書は、パートタイマーの組織化、CSRに取り組む先進的な労働組合、働き甲斐のある会社を実現する中小企業、持株会社化に伴う労務管理・労働組合の動きや使用者性、個別労働紛争解決に向けたコミュニティ・ユニオン等の合同労組の対応、地域労働運動の展開──などを取り上げた1冊です。今回第2部に新たに第6章「企業グループ労使関係の望ましい姿」を加え、増補版として刊行しました。

危機の時代を迎え、労使の高い対応能力が求められている現在、その羅針盤の役目を果たすべく本書は執筆されました。労働組合関係者はもちろん、企業の人事労務担当の方、特に大企業の労使の方にご一読いただきたい内容となっています。

目次

  • はしがき(PDF:245KB)
  • 目次詳細(PDF:292KB)
  • 序章  本書の研究背景と狙い
  • 第1部 労働組合組織化と労使関係の深化
  • 第2部 企業グループ経営と労使関係の拡大
  • 第3部 中小企業の労使関係と労使コミュニケーション
  • 第4部 個別労働紛争の解決・予防と労働組合
  • 第5部 地方労働運動の展開・強化
  • 終章  労働組合運動のさらなる活性化と労使関係の新たな深化に向けて
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。