[改訂版]職場のトラブル解決の手引き~雇用関係紛争判例集~

定価: 2,315円+税 | 2016年12月発行

野川忍[監修]労働政策研究・研修機構[編] | A5判並製 | 442頁 | ISBN978-4-538-41160-6

企業の人事担当者や労働相談担当者、社会保険労務士、法律に関心を持つ人におススメ!

個別労働紛争のうち、問題の解決にどうしても法的な観点が必要となるものを取り上げ、モデル裁判例を紹介し、司法の考え方を分かりやすく解説、適切な解決の道筋を示した手引書です。全体を98の項目に分け、各項目を「ポイント」、「モデル裁判例」、「解説」の順に叙述しており、実際の判例をもとに裁判所の判断傾向を掴むことができます。

2009年刊行の新訂版に、新たな裁判例を盛り込むなど、内容を新たにより充実した一冊となっています。

執筆者

監修

野川 忍
(明治大学法科大学院教授)

執筆 ※執筆順

両角 道代
(慶應義塾大学法科大学院教授)
所 浩代
(福岡大学法学部准教授)
表田 充生
(神戸学院大学法学部教授)
池添 弘邦
(JILPT主任研究員)
山下 昇
(九州大学大学院法学研究院教授)
桑村 裕美子
(東北大学大学院法学研究科准教授)
渡邊 絹子
(筑波大学ビジネスサイエンス系准教授)

目次

  1. 労働関係法規の適用
  2. 雇用関係の開始
  3. 労働者の人権・雇用平等
  4. 就業規則
  5. 労働条件
  6. 人事
  7. 安全衛生・労災
  8. 労働条件の変更
  9. 企業の再編・組織変更時の雇用保障
  10. 雇用関係の終了及び終了後
  11. 非正規雇用
  12. 外国人労働者

本書について

本書の構成について
本書は、一つの事項を「ポイント」、「モデル裁判例」、「解説」の4ページで構成しています。それぞれの事項は分野ごとに分類され、インデックスでも引けるようになっています。巻末には、判例索引と事項索引がついておりますので、あわせてご活用ください。
「ポイント」について
「ポイント」は、表題の事項について、解決の糸口となる点を簡潔にまとめています。

「モデル裁判例」について
「モデル裁判例」は、「ポイント」に沿って実際に起きた事件を取り上げて紹介します。裁判例は裁判で争われた内容を取り上げ、事件のあらまし、判決の内容を載せています。

「解説」について
「解説」は、「ポイント」を「モデル裁判例」との関連性を含めて詳しく補足するものとなっております。
  • 個別労働関係を12の分野に整理。それぞれの分野を大項目、中項目、小項目に分類しており、各体系が一目で理解できます。
  • 小項目ごとに4ページでコンパクトに紹介・解説。関心のある項目どこからでも読むことができます。