ムロヤマ ハルミ 室山 晴美 MUROYAMA Harumi

2017年3月現在

学歴

1982年
東京女子大学文理学部心理学科卒
1984年
学習院大学人文科学研究科心理学専攻博士前期課程修了
1991年
学習院大学人文科学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学
2003年
学位取得:博士(学術)(東京工業大学社会理工学研究科)

職歴

1991年~2015年9月
日本労働研究機構、労働政策研究・研修機構 研究員
2015年10月
労働政策研究・研修機構 理事

専門分野・関心領域

心理学(職業適性,キャリアガイダンス,対人認知)

研究テーマ・担当テーマ

  • 適性評価、キャリアガイダンスの方法に関する研究
  • 心理検査、キャリアガイダンスツールの開発と活用に関する研究

研究成果(当機構における主な著作物,発表論文など)

著書/報告書

論文

  • 「アメリカ,ドイツ,イギリスの職業情報,適職探索システムの概観」(1992) 日本労働研究機構研究紀要,3,13-28.
  • 「テストの実施様式の違いが回答結果や取り組み方へ与える影響―新版職業レディネス・テストのコンピュータ版による結果の比較」(1993)日本労働研究機構研究紀要,5,59-74.
  • 「コンピュータ援助型のキャリアガイダンスシステムの開発とその利用―英国における包括的キャリアガイダンスシステム:PROSPECT(HE)を中心としてー」(1996) 日本労働研究機構研究紀要,11,1-16.
  • 「自己の職業興味の理解が職業情報の検索に及ぼす効果」(1997) 日本労働研究機構研究紀要,13,1-15.
  • 「自己の職業興味の理解と進路に対する準備度が職業情報の検索に及ぼす効果」(1997) 進路指導研究,18,1,17-26.
  • 「若年者のための職業能力評価尺度の作成」(1999) 日本労働研究機構研究紀要,17,105-114.
  • 「コンピュータによる職業適性診断システムの開発」(2000)日本労働研究機構研究紀要,19,27-38.
  • 「VPI職業興味検査の改訂に関する研究」(2001) 日本労働研究機構研究紀要,22,1-25.
  • 「コンピュータによる職業適性診断システムの利用と評価」(2002) 教育心理学研究,50,311-322.
  • Development of a Computer-assisted Career Guidance System. Japan Labor Review, Vol.1, No.1, 68-76. 2004
  • The Change of Vocational Interests among Junior and High School Students. Japan Labor Review, Vol.3, No.2, 74-90. 2006.

研究成果物