利用ガイド

労働統計データ検索システム
労働統計データ検索システムの特徴

簡単検索!

  賃金や労働時間ほか、各種統計データをお手軽に検索できます

すぐに表組み!

  産業、規模など任意のレイアウトで得たいデータを表にできます

二次利用も簡単!

  検索結果は2次利用しやすい形式でダウンロードできます

毎月勤労統計 現金給与総額、総実労働時間、常用雇用指数 etc.
 
賃金構造基本調査 所定内給与、きまって支給する給与 etc.
 
労働力調査 就業者数、雇用者数、完全失業者数 etc.
 
職業安定業務統計 有効求人倍率、新規求人倍率 etc.
 
労使関係総合調査基礎調査 労働組合数、労働組合員数、推定組織率 etc.
 
その他、厚生労働省で公表しているものを中心に、各種労働統計データを収録
労働統計データ検索システムの使い方

調査名がわからなくても探せます

分野別調査名別のリストから得たい情報のタイトルが探せます。

例えば、日本の労働組合員数を調べたい
日本の労働組合員数を調べたい(1)
日本の労働組合員数を調べたい(2)
  • 表示画面で労働組合員数を選びます。

表示された画面で、表の値や体裁を選び、 実行ボタンを押すと表が表示されます。

統計表の内容・体裁が自由に選べます

データによっては、産業や年齢といった区分や、期間を指定することが出来ます。
結果表示は、時系列あるいはクロスのどちらかを選択してください。

【時系列】 【クロス】
時系列
  • 表示に時間軸を持つ統計表で表示します。
クロス
  • 統計表の表題、表側を、指定した年齢や産業といった区分で表示します。
例えば、所定内給与(賃金構造基本統計調査)の統計表を年齢、男女別に作りたい

まずは、TOPページから、◆分野別選択画面から検索 >賃金構造(労働者の属性別賃金) > 所定内給与額、の順に選択します。>選択結果

主要分類事項が該当するものを探し、クロスを選択します。

クロス・時系列


表題に年齢階級、表側にを選択します。
さらに分類区分をそれぞれ 全区分 にし、残りの全分類事項を欄外へ選択します。

年齢階級・性・全区分


実行ボタンを押すと表が表示されます。

所定内給与(賃金構造基本統計調査)の統計表を年齢、男女別で表示結果
 
複数のデータをまとめて表示出できます

選択したデータと関連する2つ以上のデータを並べて表示できます。

例えば所定内給与と一緒に賞与も並べて表示させたい

分類区分を指定する際に、他表示データから、年間賞与その他の特別給与を選択します。
※なお、Ctrl キー、Shift キーを押しながらクリックすると、複数の項目を選択できます。
詳しくはお使いのパソコンの OS やブラウザのHELPを参照ください。

年間賞与その他特別給与額

実行を押すと表が表示されます。

年間賞与その他の特別給与 表示結果
 

編集加工は表計算ソフトで

表示した統計表は Microsoft Excel 形式または CSV 形式のファイルでダウンロードできます。
ダウンロード後、お手持ちの表計算ソフトで編集加工が可能です。

※CSV とは、表の値を カンマ(またはTAB)で区切ったファイル形式です。当システムでは
カンマ区切りで出力いたします。

お問合せ先

調査部(統計解析担当)

E-mail: jilstat[at]jil.go.jp ※[at]を@にご修正ください。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。