国内労働情報 16-03
労働組合法立法史料研究Ⅲ

平成28年3月31日

概要

研究の目的・趣旨

労働関係法令立法史料研究会(座長・渡辺章筑波大学名誉教授)は、2014年5月、JILPT国内労働情報として『労働組合法立法史料研究(条文史料篇)』及び『労働組合法立法史料研究(解題篇)』の2冊を刊行した。その続篇である本書『労働組合法立法史料研究Ⅲ』は、前半に昭和20年労働組合法案の起草関係史料として、労働組合法案の起草に当たった労務法制審議委員会の総会審議の記録の一切を収録し、後半には審議関係史料として政府(当時の厚生省労政局)が帝国議会の審議に備えて作成した「労働組合法質疑応答書」および「第89回帝国議会想定質疑(二)(経済課関係)」と表題された記録を収録している。本書に収録された史料によって、わが国で最初に制定された昭和20年労働組合法の立法経緯を改めて学び、現行法規定の理解が深められることが期待される。

研究の概要

昭和20年労働組合法の法案の起草に当たった「労務法制審議委員会」の議論の全体を削除なしに読むことができるよう、第1回(昭和20年10月27日)から5回(同年11月21日)までの議事録の原史料を網羅・復元し、必要な編注を施した。また、同議事録には労働組合法成立後の12月27日に開催された第6回総会も含まれており、答申案と政府の議会提出法案との相違に関する政府説明や憲法に労働者の権利条項を設けることおよび労働関係調整法の制定に向けた動きなどを辿ることができる。さらに、研究の過程で新たに発見された厚生省「労政局」作成の「労働組合法質疑応答書」等も収録している。

政策への貢献

現代の労使関係法の課題を的確に把握し、法解釈理論を検証する際の基礎的な資料となる。

本文

  1. 国内労働情報16-03全文(PDF:2.4MB)

全文がスムーズに表示しない場合は下記からご参照をお願いします。

研究の区分

情報収集

調査期間

平成27年度

研究会メンバー(所属は2016年1月現在)

渡辺 章※
筑波大学名誉教授
竹内(奥野) 寿
早稲田大学法学学術院教授
土田 道夫
同志社大学法学部・法学研究科教授
富永 晃一
上智大学法学部准教授
中窪 裕也
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
野川 忍
明治大学法科大学院法務研究科教授
野田 進
九州大学大学院法学研究院教授
和田 肇
名古屋大学大学院法学研究科教授

※は研究会座長

関連の研究成果

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5104

ご意見・ご感想

研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから


Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。