アリさん引越社訴訟、取り下げ 元社員ら、弁償金めぐり/中労委

[判例]

「アリさんマーク」で知られる引越社関東(東京)やグループ会社を相手取り、元社員らが作業中の事故の弁償金返還などを求めた集団訴訟などについて、中央労働委員会は14日までに、全面的な和解勧告を行った。元社員らは訴訟を取り下げる方針で、同社をめぐる一連の労働紛争は終結する。

原告は元従業員の男性ら33人で、2015年から東京や大阪、名古屋の各地裁で係争していた。引っ越し作業中に荷物が破損した場合、賠償額を「弁償金」として給料から天引きする制度などを不当とし、同社に計約2億4,000万円の支払いを求めていた。他にも4人が都労働委員会などで同社と交渉を行っていた。

中央労働委員会の和解勧告は13日付。会社側に、未払い賃金や弁償金に関する紛争の解決 ▽ 今後は原則として弁償金を負担させない ▽ 原告らが加盟する労働組合に解決金を支払う―などを求めた。原告側は3月までに順次、訴訟を取り下げる。

(時事通信)
2018年2月14日