契約社員に手当不支給は違法 ハマキョウレックスに77万円支払い命じる/大阪高裁

[判例命令]

運送会社で契約社員のトラック運転手として働く男性が、正社員に支払われる手当などとの差額分計約578万円を会社に求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。池田光宏裁判長は一審大津地裁彦根支部判決を変更し、一部の手当の不支給は労働契約法に違反するとして77万円の支払いを命じた。

訴えていたのは運送会社ハマキョウレックス彦根支店に勤務する池田正彦さん(54)。2008年10月から6カ月ごとに同社と契約更新している。

池田裁判長は、正社員と仕事内容に大きな違いはないとした上で、一審が認めた通勤手当に加えて、無事故手当や給食手当についても「正社員との違いは不合理」と判断。改正労働契約法が施行された13年4月以降の差額を損害と認めた。

弁護団によると、高裁レベルで同様のケースについて同法違反が認められたのは初めて。弁護団は「相当程度、主張が認められた」と評価した。

ハマキョウレックスの話 判決文が届いておらず、コメントできない。

(時事通信)
2016年7月26日