岐阜市職員自殺は公務災害 長時間労働などでうつ発症

[判例命令]

2011年に自殺した岐阜市の30代男性職員について、地方公務員災害補償基金岐阜県支部は8日までに、勤務先だった岐阜市民病院での長時間労働や上司の指導が自殺の原因と判断し、公務災害と認定した。男性の代理人らが明らかにした。

認定通知書などによると、男性は09年4月から施設管理などを行う部署で勤務。病院の改築などに伴い月100時間を超える時間外労働を強いられた上、上司の高圧的な叱責を受け続け、うつ病を発症し、11年3月ごろ自殺した。

記者会見した男性の父親は「少しは息子が慰められたと思う一方、なぜ助けてやれなかったのか後悔している。困難を抱えた職員がいたら周りの人が助け、これ以上悲しいことが起きない職場になってほしい」と訴えた。

(時事通信)
2016年2月8日