東京エムケイ側に賠償命令/元社長の暴行、暴言認定

[判例命令]

タクシー会社「東京エムケイ」(東京都港区)の乗務員ら5人が、勤務中に当時の社長にパワハラを受けたとして、同社と元社長に計約2,350万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、暴行や暴言を認定し、約500万円の支払いを命じた。

会社側は指導が目的だったと主張したが、秋元健一裁判官は「暴行が許されないのはもちろん、威圧的な態度で『辞めろ』と繰り返し言うなど、乗務員らの人格を否定し、多大な精神的プレッシャーを与えた」と指摘。社会的に許容される限度を明らかに逸脱し、違法と判断した。

判決によると、元社長は2011年8月、5人が運転するそれぞれの車の後部座席に乗り、運転席を蹴ったり、「辞めろ、おまえ」と大声を出したりした。

(共同通信)
2013年3月25日