西日本高速を書類送検 過労自殺、違法残業の疑い/労基署

[行政]

西日本高速道路(大阪市)が、過労自殺した社員に違法な長時間労働をさせたなどとして、神戸西労働基準監督署は10日までに、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と関西支社長ら計7人を神戸地検に書類送検した。遺族側代理人などへの取材で分かった。

遺族の告訴状などによると、元社員の男性=当時(34)=は2014年10月から同社の関西支社第二神明道路事務所(神戸市)で施工管理などを担当。うつ病を発症し、15年2月に神戸市内の社員寮で自殺した。

同労基署は15年12月、男性の自殺について労災認定し、死亡前の14年10~12月に月約140時間の残業をしていたと認めた。労使協定では、繁忙期は月90時間までの残業が可能とされていた。また、他の社員に対する未払い残業代もあったと指摘した。

男性の遺族は今年2月、業務上過失致死容疑でも、当時の同社役員や上司ら8人を神戸地検に告訴している。

西日本高速道路の話 このようなことが2度と起きないよう、労働時間の正確な把握の徹底を会社全体で進めている。

(時事通信)
2017年7月10日