いなげやの42歳男性社員が過労死 一般食品チーフ、埼玉の店舗/長時間残業認定

[行政]

首都圏でスーパーを展開するいなげやの男性社員=当時(42)=が2014年、埼玉県の店舗で勤務中に倒れて死亡し、さいたま労働基準監督署が長時間の時間外労働が原因として労災認定していたことが17日、分かった。遺族側代理人の弁護団が記者会見し明らかにした。

弁護団によると、男性は志木柏町店で一般食品チーフとして勤務していた14年5月25日、接客中に言葉が急に出なくなり救急搬送された。検査で異常は見つからず、同6月2日に復職したが、3日後に駐車場で倒れているのが見つかり、同21日に脳梗塞で亡くなった。

同労基署は勤務記録などから、5月の発症前4カ月間の残業が月65~96時間余りで、平均すると約76時間と認定。これ以外の残業も推定され、不規則なシフト勤務による過重労働が原因として、昨年6月に労災認定した。

いなげやでは、03年にも東京都の店舗に勤務していた男性社員が過労自殺している。

弁護団は「過去の過労死を真剣に受け止めず労務管理を怠り、店舗従業員の多くがタイムカードを押さずに勤務を始めるなどサービス残業が常態化していた」と指摘。残業の実態調査や遺族への謝罪、慰謝料などの支払いを同社に求める通知を送った。

同社広報は取材に「社員が過労死した事実は把握しているが、内容を確認した上で対応したい」としている。

(時事通信)
2017年4月17日