メールマガジン労働情報 No.1403

■□――【メールマガジン労働情報/No.1403】

「女性活躍加速重点方針2018」を決定/すべての女性が輝く社会づくり本部 ほか

―2018年6月13日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】「女性活躍加速重点方針2018」を決定/すべての女性が輝く社会づくり本部 ほか
【統計】5月の街角景況感、前月差1.9ポイント低下/景気ウォッチャー調査 ほか
【動向】妊娠・出産を機に仕事をやめた理由のトップは「子育てをしながら仕事を続けるのは
 大変だったから」/民間調査 ほか
【海外】セクハラ禁止、初の条約化採択 ILO総会、各国の対策後押し 来年に詳細持ち越し
【イベント】「グッドキャリア企業アワード2018」エントリー企業募集のお知らせ/厚労省 ほか

※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20180613.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「女性活躍加速重点方針2018」を決定/すべての女性が輝く社会づくり本部

 政府は12日、第7回すべての女性が輝く社会づくり本部を開催した。会議では、
「女性活躍加速のための重点方針2018」及びセクシュアル・ハラスメント対策の
強化が決定され、女性活躍推進法の施行状況について議論が行われた。今後は、
上場企業については、コーポレートガバナンス改革によって積極的な説明を求める
ことで、女性役員の登用拡大を進めていくなどとし、重点方針2018に基づいて
様々な政策を実行するように、総理から各閣僚に要請した。
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201806/12josei.html

●「第1回解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」/厚労省

 厚生労働省は12日、「第1回解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点
に関する検討会」を開催した。当日の議題は「解雇無効時の金銭救済制度に係る
法技術的論点について」。第2回以降は、関係団体等からのヒアリング、解雇無効時の
金銭救済制度に係る法技術的論点の整理に向けた議論を行うとしている。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000211235.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●5月の街角景況感、前月差1.9ポイント低下/景気ウォッチャー調査

 内閣府は8日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年
5月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表した。現状判断DI(季節調整値)は、
前月差1.9ポイント低下の47.1。3か月ぶりの低下。先行き判断DI(季節調整値)は、
前月差0.9ポイント低下の49.2。「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感が
みられる。先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、
引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」としている。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2018/0608watcher/bassui.html
(統計表等)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2018/0608watcher/menu.html

●4~6月期の景況判断、大・中堅・中小企業いずれも「下降」超/法人企業景気予測調査

 内閣府と財務省は12日、第57回「法人企業景気予測調査」(2018年4~6月期調査)
結果を公表した。全産業でみた「貴社の景況判断」BSIは、大企業、中堅企業、中小企業
いずれも「下降」超となっている。雇用については、「従業員数判断」BSIは、企業規模を
問わず「不足気味」超となっている。
https://www.mof.go.jp/pri/reference/bos/results/1c3001.htm
(統計表等)
https://www.mof.go.jp/pri/reference/bos/results/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●妊娠・出産を機に仕事をやめた理由のトップは「子育てをしながら仕事を続けるのは
大変だったから」/民間調査

 明治安田生活福祉研究所は11日、「出産・子育てに関する調査」結果を発表した。
第1子の妊娠・出産を機に仕事をやめた理由は、「子育てをしながら仕事を続けるのは
大変だったから」(52.3%)、続いて「子育てに専念したかったから」(46.1%)、
「自分の体や胎児を大事にしたいと考えたから」(41.8%)など。また、子どもがいる
既婚者が子育てと仕事の両立のため、勤務先の制度に充実を望むことを聞いたところ、
男性は「扶養手当等の支給」(35.3%)、女性は「子育てのための勤務時間・勤務日数の
短縮措置等」(53.2%)が最も多かった。
http://www.myilw.co.jp/research/report/2018_01.php

●転職活動時に注力したこと「自分の持ち味や強みを明らかにすること」/民間調査

 リクルートキャリアは7日、転職決定者アンケート調査結果を発表した。転職活動を
振り返った際に「力を入れたこと」を聞いたところ、「自分の「持ち味や強み」を明らかに
すること」(75.4%)が最も多く、続いて、「自分が「やりたいこと」を明らかにすること」
(66.2%)。一方で「力を入れておけばよかったこと」は、「待遇や勤務時間等、応募企業
との条件交渉」(44.5%)、続いて「「異業種」も含めて、企業の情報を収集すること」
(43.3%)。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/180607-01/

●2018年5月の「人手不足」関連倒産、37件/民間調査

 東京商工リサーチは8日、全国企業倒産状況を発表した。2018年5月の倒産件数は
767件(前年同月802件)で、2カ月連続で前年同月を下回った。一方、「人手不足」
関連倒産は今年最多の37件。業種別では、病院・医院(1→6件)、旅行業(1→5件)、
広告関連業(12→17件)などで倒産増加。
http://www.tsr-net.co.jp/news/status/monthly/201805.html

●65.0%の企業が人手不足/民間調査

 日本商工会議所は7日、「人手不足等への対応に関する調査」結果を発表した。
中小企業を対象とした人員の過不足状況について、「不足している」と回答した
企業は全体の65.0%(前年度比4.4ポイント増)。4年連続で悪化。業種別に見ると
「宿泊・飲食業」が79.1%で最も高く、続いて「運輸業」78.2%、「建設業」75.6%
など。
https://www.jcci.or.jp/cat298/2018/0607143508.html

●2019年卒予定大学生等の5月内々定率、60.3%の大幅増/民間調査

 マイナビは6日、「2019年卒大学生就職内定率調査」結果を発表した。
大学生・大学院生の5月末時点の内々定率は60.3%(前月比27.1ポイント増)
の大幅増。文理男女別では、理系男子の68.4%(同24.4ポイント増)が最高。
https://www.mynavi.jp/news/2018/06/post_17299.html

●高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善ツールを開発/中災防

 中央労働災害防止協会は5日、高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善
ツール「エイジアクション100」を開発したと発表した。高年齢労働者の安全と
健康確保のための100の取り組みを盛り込んだチェックリストを使って職場の課題を
洗い出し、具体的な改善につなげる。
http://www.jisha.or.jp/media/pdf/20180605.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●セクハラ禁止、初の条約化採択 ILO総会、各国の対策後押し 来年に詳細持ち越し

 国際労働機関(ILO)は年次総会最終日となる8日、セクハラや暴力など、
職場での迷惑行為を禁止する初の国際条約制定を求めた委員会報告を採択した。
性的被害を告発する「#MeToo」運動が広がる中、拘束力のある条約を目指す
方針で一致し、各国のセクハラ対策を後押しする。(時事通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kaigai/20180613.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「グッドキャリア企業アワード2018」エントリー企業募集のお知らせ/厚労省

 厚生労働省は、「グッドキャリア企業アワード2018」のエントリー企業の募集を開始。
従業員の自律的なキャリア形成支援について、他の模範となる取組を行っている企業等
が対象。応募受付期間は6月1日~7月31日(必着)、募集要項は以下の通り。
▽「グッドキャリア企業アワード」公式サイト
https://career-award.mhlw.go.jp/

●労働セミナー「いま必要な働き方改革」を開催/東京商工会議所

 東京商工会議所は7月9日、労働セミナー「いま必要な働き方改革~人材確保、
生産性・収益アップの環境づくり~」を都内で開催する。働き方改革とは何か、
その経営に与えるインパクト、そして必要とされるマネジメントや取組ポイント
について解説する。無料。定員100名、先着順。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-86509.html