メールマガジン労働情報 No.1355


■□――【メールマガジン労働情報/No.1355】

民間企業の雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新/厚労省集計 ほか

―2017年12月13日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】民間企業の雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新/厚労省集計 ほか
【統計】11月の街角景況感、前月差2.9ポイント上昇/景気ウォッチャー調査 ほか
【労使】2018闘争、賃上げ要求基準は3年連続で「3,000円以上」/金属労協 ほか
【動向】2017年11月の「人手不足」関連倒産、25件/民間調査
【海外】11月の米雇用、22.8万人増 来週利上げ、確実に
【イベント】セミナー「労使関係セミナー」を開催/中労委 ほか
 ※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20171213.html

【JILPTからのお知らせ】

☆任期付研究員の募集について(平成30年度採用)

 労働政策研究・研修機構では、任期付研究員を募集します。
応募書類の提出期限は2018年1月9日(火)必着です。
http://www.jil.go.jp/information/koubo/kenkyuin/2018/index.html

◇『ユースフル労働統計2017―労働統計加工指標集』を刊行しました!

 本書は、既存の労働統計から新しい統計指標を計算する方法と結果を
紹介する資料集です。
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2017/index.html
【A5判390頁 定価:1,500円+税・ご購入はこちらから】
http://www.jil.go.jp/publication/ordering.html

☆労働政策フォーラム開催のご案内(名古屋開催)

テーマ:「企業内キャリアコンサルティングの現在と未来」
日時:2018年2月16日(金)13時30分~16時45分(開場12時45分)
会場:名古屋ミッドランドホール(参加費無料。定員200名、定員に達し次第締切)

 昨春施行された改正職業能力開発促進法の規定に伴い、現在、企業内キャリア
コンサルティングおよびキャリア開発支援の環境は大きく変化しています。
本フォーラムでは、これまでの企業内キャリアコンサルティングを振り返り、
今後のあり方全般について幅広く報告・議論を行います。
http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20180216/index.html

◇『新時代のキャリアコンサルティング
―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来』発売中!
※増刷しました!
 キャリアカウンセラーや職業相談、学校でキャリア教育に携わる方はもちろん、
企業でキャリアコンサルティングに関心のある人事担当者の方にも役立つ理論と
実践との関わりを紹介しています。
【労働政策研究・研修機構[編]A5判 242頁 定価:1,852円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/shinjidai.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●民間企業の雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新/厚労省集計

 厚生労働省は12日、2017年「障害者雇用状況」集計結果(17年6月1日現在)
を公表した。民間企業の雇用障害者数は、前年比4.5%増の49万5,795.0人、
実雇用率は同0.05ポイント上昇の1.97%で、いずれも過去最高を更新。法定雇用率
達成企業割合は、同1.2ポイント上昇の50.0%。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000187661.html

●「新しい経済政策パッケージ等」を閣議決定

 政府は8日、「新しい経済政策パッケージ等」を閣議決定した。安倍首相は閣議を
踏まえ、「生産性革命、人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化という大きな壁に
立ち向かうため、具体的な政策パッケージを閣議決定した」「2020年までの3年間、
人材、設備への投資を大胆に促し、日本経済の生産性を飛躍的に押し上げていく」
などと述べた。
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/08kaiken.html
▽資料・新しい経済政策パッケージについて
http://www5.cao.go.jp/keizai1/package/20171208_package.pdf
▽経団連/会長コメント
http://www.keidanren.or.jp/speech/comment/2017/1208.html
▽連合/事務局長談話
https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=937

●「自動車整備業における女性が働きやすい環境づくりのためのガイドライン」をHPに掲載/国交省

 国土交通省は11日、「自動車整備業における女性が働きやすい環境づくりのための
ガイドライン」をHPに掲載した。自動車整備業における人材不足への対策の一環として、
自動車整備業において女性が働きやすい環境づくりを促進するため、自動車整備に
従事する女性整備士を対象に実施したアンケート調査結果に基づき、ガイドラインを
策定したもの。
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000171.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●11月の街角景況感、前月差2.9ポイント上昇/景気ウォッチャー調査

 内閣府は8日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた
2017年11月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表した。現状判断DI(季節
調整値)は、前月差2.9ポイント上昇の55.1。今回の結果について、「緩やかに
回復している」などとしている。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/1208watcher/bassui.html
(統計表等)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/1208watcher/menu.html

●10~12月期の景況判断、大・中堅企業「上昇」超/法人企業景気予測調査

 内閣府と財務省は11日、第55回「法人企業景気予測調査」(2017年10~12月期調査)
結果を公表した。全産業でみた「貴社の景況判断」BSIは、大企業、中堅企業は
「上昇」超、中小企業は「下降」超。
http://www.mof.go.jp/pri/reference/bos/results/1c2903.htm
(統計表等)
http://www.mof.go.jp/pri/reference/bos/results/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2018闘争、賃上げ要求基準は3年連続で「3,000円以上」/金属労協

 自動車総連、電機連合、JAM、基幹労連、全電線の金属関連5産別組織で構成する
金属労協(JCM、高倉明議長)は8日、都内で協議委員会を開き、来春闘の闘争方針
となる「2018年闘争の推進」を確認した。2018年闘争の賃上げ要求基準について、
あいさつした高倉議長は「金属労協が一体となって、全体が共通して取り組める
要求水準として、3,000円以上の賃上げに取り組む」と述べた。(JILPT調査部)
http://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20171213.html

●攻めのウーマノミクスを提言/経団連

 経団連は12日、提言「女性活躍の次なるステージに向けた提言―攻めの
ウーマノミクスで未来を切り拓く―」を発表した。経団連と政府が一体となって
進めてきたウーマノミクス(ウーマン×エコノミクス)の意義とこれまでの成果を
再確認し、成功事例の共有を通じて、これをさらに加速させるものとして提言。
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/102.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2017年11月の「人手不足」関連倒産、25件/民間調査

 東京商工リサーチが8日発表した集計結果によると、2017年11月の「人手不足」
関連倒産は25件(前年同月29件)で、2カ月ぶりに前年同月を下回った。内訳は、
代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が22件(同25件)、「求人難」型が
1件(同3件)、「従業員退職」型が1件(同1件)、「人件費高騰」型が1件(同ゼロ)。
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20171208_05.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●11月の米雇用、22.8万人増 来週利上げ、確実に

 米労働省が8日発表した11月の雇用統計によると、景気動向を反映する非農業部門の
就業者数は、季節調整済みで前月比22万8,000人の増加となった。失業率は前月と同じ
4.1%と、2000年12月(3.9%)以来約17年ぶりの低水準だった。(ワシントン時事)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kaigai/20171213.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●セミナー「労使関係セミナー」を開催/中労委

 中央労働委員会は、2017年度「労使関係セミナー」を開催している。学識経験者
による基調講演のほか、公益・労働者・使用者の三者によるパネルディスカッションや
事例紹介などを行う。2018年2月の開催予定は、2月2日:東京、19日:高知。
受講料無料。事前申込制・先着順。
http://www.mhlw.go.jp/churoi/roushi/index.html

●セミナー「まるわかり!!働く人の労働契約のポイント解説」を開催/東京都労働相談情報センター

 東京都労働相談情報センターは2018年2月19日、23日の両日、セミナー
「~最新労働判例から学ぶ~まるわかり!!働く人の労働契約のポイント解説」を
国分寺市で開催する。採用から退職まで労働契約の重要な法律知識を具体的な事例を
交えてわかりやすく解説。講師は弁護士 蟹江鬼太郎氏。受講料無料。定員100名(定員に達し次第締切)。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/index/detail?kanri_bango=seminar-zchuo-000798

●セミナー『「無期転換ルール」と「同一労働同一賃金」きっちり解説セミナー』を開催/福岡労働局

 福岡労働局は2018年1月、セミナー『「無期転換ルール」と「同一労働同一賃金」
きっちり解説セミナー』を開催する。同一労働同一賃金の実現に向けた法整備や
ガイドライン案、さらに2018年4月から本格化する無期転換ルール等、いま知って
おきたい制度を中心に説明。セミナー修了後個別相談会も実施。受講料無料。
日程は2018年1月23日:福岡市、24日:北九州市。内容は両日同じ。
http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/event/2017/_121176.html