メールマガジン労働情報 No.1346

■□――【メールマガジン労働情報/No.1346】

「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態」をHPに掲載/連合総研 ほか

―2017年11月10日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】「グッドキャリア企業アワード2017」受賞企業を公表/厚労省 ほか
【統計】10月の街角景況感、前月差0.9ポイント上昇/景気ウォッチャー調査 ほか
【労使】「企業行動憲章」を改定/経団連
【動向】「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態」をホームページに掲載/連合総研 ほか
【海外】DGB組合員数、協約拘束率―ともに逓減/ドイツ
【判例命令】団体交渉における会社の対応は不誠実であったとはいえず、不当労働行為に当たらず/中労委
【イベント】「第3回女性活躍パワーアップ大賞」を募集/ワーキングウーマン・パワーアップ会議、日本生産性本部 ほか
 ※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20171110.html

【JILPTからのお知らせ】

☆第3期プロジェクト研究シリーズ 発売中!

◇No.1『非正規雇用の待遇差解消に向けて』

 正社員との賃金格差、能力開発などの問題について、産業、企業の特性や
制度的要因を分析することで今後の非正規雇用労働者のありようを考えます。
【A5判 229頁 定価:2,500円+税】
http://www.jil.go.jp/institute/project/series/2017/01/index.html

◇No.2『人口減少社会における高齢者雇用』

 意欲ある高齢者が年齢に関わりなく生涯現役で活躍し続けるための課題を、
「60代前半層を中心とした雇用の課題」「60代後半層以降又は高齢者全般の
雇用の課題」「高齢者の活躍や関連施策の課題」に分けて整理・分析しています。
高齢者問題に詳しい前学習院大学教授の今野浩一郎氏も執筆。
【A5判 320頁 定価:2,500円+税】
http://www.jil.go.jp/institute/project/series/2017/02/index.html

◇No.3『「個人化」される若者のキャリア』

「個人化」された若者の学校から職業への移行やキャリアの実態を調査に即して
明らかにすることを通じて、政策的な支援のありようを考えます。
【A5判 171頁 定価:2,000円+税】
http://www.jil.go.jp/institute/project/series/2017/03/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「グッドキャリア企業アワード2017」受賞企業を公表/厚労省

 厚生労働省は9日、「グッドキャリア企業アワード2017」受賞企業9社を公表した。
従業員の自律的なキャリア形成支援について他の模範となる取組を行っている企業を
表彰するもの。全国53社の応募の中から「大賞」(厚生労働大臣表彰)4社、
「イノベーション賞」(人材開発統括官表彰)5社を選定した。11月27日に都内で
表彰式を開催、併せて審査総評や、受賞企業などによるパネルディスカッションも実施。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000182848.html

●2016年の留学生の日本企業等への就職状況を公表/法務省

 法務省は7日、2016年における留学生の日本企業等への就職状況を公表した。
留学生が日本企業等への就職を目的に行った在留資格変更許可申請に対する
許可数は1万9,435人で、前年(1万5,657人)に比べ3,778人増加。国籍・地域別
に見ると、中国、ベトナム、韓国、ネパールなどアジア諸国が全体の95.5%。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00157.html

●「とうきょう介護と仕事の両立応援デスク」を開設/東京都

 東京都は、介護と仕事の両立に関する電話・メール相談に対応する「とうきょう
介護と仕事の両立応援デスク」を10月に開設した(相談無料・秘密厳守)。労働者
だけではなく、企業の経営者や担当者も、社内の取組や従業員に関する不安・悩みなどを
相談可能。専門の相談員が対応。電話番号等の詳細はHPに掲載。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/kaigo/ouendesk/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●10月の街角景況感、前月差0.9ポイント上昇/景気ウォッチャー調査

 内閣府は9日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた
2017年10月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表した。現状判断DI(季節
調整値)は、前月差0.9ポイント上昇の52.2。今回の結果について、「着実に
持ち直している」などとしている。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/1109watcher/bassui.html
(統計表等)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/1109watcher/menu.html

●一致指数、前月比1.9ポイント下降/9月景気動向指数(速報)

 内閣府は8日、2017年9月の「景気動向指数(速報)」を公表した。
景気の現状を示す「一致指数」は115.8で、前月比1.9ポイント下降。
下降は2か月ぶり。投資財出荷指数(除輸送機械)などがマイナスに寄与。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「企業行動憲章」を改定/経団連

 経団連は8日、「企業行動憲章の改定にあたって~Society5.0の実現を通じた
SDGs(持続可能な開発目標)の達成~」を発表した。主な改定ポイントとして、
「働き方の改革、職場環境の充実」では、「従業員の能力を高め、多様性、人格、
個性を尊重する働き方を実現する。また、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を
整備する。」としている。
http://www.keidanren.or.jp/policy/cgcb/charter2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態」をホームページに掲載/連合総研

 連合総研は、経済社会研究委員会賃金データ検討ワーキング・グループ報告
「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態2017」を8日、HPに掲載した。
2017春闘の回答速報集計作業のためのデータについて分析した結果をとりまとめたもの。
http://www.rengo-soken.or.jp/report_db/pub/detail.php?uid=309

●7割以上の企業が「2019年卒の採用活動は厳しい」と回答/民間調査

 マイナビは8日、「2018年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」結果を発表した。
2018年卒の採用充足率(調査時点の内定者数/募集人数)は、「新卒全般」で83.0%
となり、対前年比4.7ポイント下回った。また、2019年卒採用の見通しとして、
「2019年卒の採用活動は厳しい」と回答した企業は73.3%で、前年比16.5ポイント増。
https://www.mynavi.jp/news/2017/11/post_16065.html

●2017年冬のボーナス見通しを発表、3年ぶりの増加と予測/民間調査機関

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングと第一生命経済研究所は8日、2017年冬の
民間企業のボーナス見通しを発表した。前者は、一人当たり平均支給額が
37万2,235円(前年比0.6%増)、後者は、支給額は37万3,000円(同0.8%増)で
共に3年ぶりの増加、と予測している。
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_171108
(第一生命経済研究所)
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/macro/2017/shin171108.pdf

●10月の転職求人倍率は1.88倍/民間調査

 リクルートキャリアが8日発表した、転職支援サービス「リクルートエージェント」
における2017年10月末日時点の転職求人倍率は1.88倍で、前年同月比0.08ポイント増。
職種別にみると前月と比べ求人数は34職種中25職種が増加(うち21職種は過去最高)、
登録者数では34職種中31職種が増加(うち24職種は過去最高)。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/171108-01/

●2017年10月の「人手不足」関連倒産、39件/民間調査

 東京商工リサーチが9日発表した集計結果によると、2017年10月の「人手不足」
関連倒産は39件(前年同月22件)で、調査を開始した2013年以降で最多。内訳は、
代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が29件(同17件)、「従業員退職」型が
5件(同1件)、「求人難」型が4件(同3件)、「人件費高騰」型が1件(同1件)。
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20171109_05.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●国別労働トピック/JILPT

 <ドイツ>
 ▽DGB組合員数、協約拘束率―ともに逓減

 ドイツ労働総同盟(DGB)によると、2016年の組合員総数は、前年から約5万人
減少し、604万7,503人となった。また、就業者ベースの労働協約の拘束率は、
旧東独地域で前年から2ポイント低下し、47%となった。(JILPT調査部)
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2017/11/germany_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【判例命令】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●団体交渉における会社の対応は不誠実であったとはいえず、不当労働行為に当たらず/中労委

 組合員の採用時所属部署への復帰等に関する3回の団体交渉における会社の
対応が不誠実であり、不当労働行為であるとして申し立てがあった事案で、
中央労働委員会は10月30日、会社は、3回の団体交渉において、組合の要求や
質問に対して誠実に対応していたことが認められること等から、不当労働行為には
当たらないとして、初審大阪府労委の判断を維持、組合の再審査申立てを棄却した。
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-1031-1.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「第3回女性活躍パワーアップ大賞」を募集/ワーキングウーマン・パワーアップ会議、日本生産性本部

 ワーキングウーマン・パワーアップ会議(事務局:日本生産性本部)は、
女性の活躍推進を、組織の生産性向上につなげる動きを加速させるために、
「第3回女性活躍パワーアップ大賞」を実施する。独自性ある創意工夫された
優れた取り組みを募集。表彰式は、「エンパワーメント・フォーラム2018」
(2018年3月開催予定)で行う。応募締切は12月25日必着。
http://www.powerup-w.jp/powerup/index.php

●講演会『発達障害のある方の「働く」を考える パート8』を開催/千代田区障害者就労支援センター

 千代田区障害者就労支援センターは12月7日、講演会『発達障害のある方の
「働く」を考える パート8~自分らしく働き続けるために~』を開催する。
改正障害者雇用促進法の施行などの法整備が進み、発達障害のある方の雇用を
取り巻く状況も変化している中で、自分らしく働き続けるために必要なことに
ついて考える。参加費無料。要事前申込。手話通訳、要約筆記有。
https://www.mm-chiyoda.or.jp/events/2017-11-08/7129

●「パパママサミット2017」を開催/東京ウィメンズプラザ

 東京ウィメンズプラザは11月25日、「パパママサミット2017」を都内で開催する。
小島慶子氏(タレント、エッセイスト)による基調講演、パネルディスカッション
「今日からできる納得のパートナーシップ~家事も仕事も子育ても~」を予定。
「コミュニケーション」を切り口に二人が納得して家事・仕事・子育てを担い、
良好なパートナーシップを築くヒントをさぐる。参加費無料。定員250名。申込締切は11月19日。
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/seminar/tabid/301/Default.aspx