メールマガジン労働情報 No.1341

■□――【メールマガジン労働情報/No.1341】

「第4回 若者のワークスタイル調査」結果を記者発表 ほか

―2017年10月20日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【統計】8月の現金給与総額、前年同月比0.7%増/毎勤統計確報値 ほか
【労使】賃上げ要求水準は前年と同じ2%程度を基準に/連合の18春季生活闘争基本構想
【動向】人材は質量ともに不足感/民間調査 ほか
【判例命令】フクダ電子子会社、二審も敗訴 女性社員へのパワハラ認定/東京高裁
【イベント】「精神障害者雇用は今!」をテーマに公開座談会を開催/JEED ほか
 ※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20171020.html

【JILPTからのお知らせ】

◇『高業績で魅力ある会社とチームのためのデータサイエンス
─職場と仕事を数値化する測定尺度、チェックリスト集─』発売中!
※増刷しました!
 会社とチームの状況に関する各種測定尺度、チェックリストの仕組みと
使い方を紹介、そのチェック結果と会社や組織の業績との関係などについても検討。
【松本真作[著]A5判 242頁 定価:1,852円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/hrm-book.html

◇『新時代のキャリアコンサルティング
―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来』発売中!
※増刷しました!
 キャリアカウンセラーや職業相談、学校でキャリア教育に携わる方はもちろん、
企業でキャリアコンサルティングに関心のある人事担当者の方にも役立つ理論と
実践との関わりを紹介しています。
【労働政策研究・研修機構[編]A5判 242頁 定価:1,852円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/shinjidai.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇「第4回 若者のワークスタイル調査」結果を記者発表

 JILPTは20日、「第4回 若者のワークスタイル調査」結果を記者発表しました。
「フリーター経験者は2001年では高卒者が4割を占めていたが、2016年調査では
大学・大学院卒者が4割を占めるようになっていること、フリーターからの正社員化に
ついては、正社員になろうとした割合は一定水準にあるものの、正社員化に成功した
割合は減少傾向にあること」などが明らかになっています。
また、詳細な調査結果をJILPT労働政策研究報告書No.199として公表しました。
▽記者発表資料
http://www.jil.go.jp/press/documents/20171020.pdf
▽労働政策研究報告書No.199
『大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―』
http://www.jil.go.jp/institute/reports/2017/0199.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●8月の現金給与総額、前年同月比0.7%増/毎勤統計確報値

 厚生労働省は20日、2017年8月の「毎月勤労統計調査」結果の確報値(事業所
規模5人以上)を公表した。現金給与総額は就業形態計で前年同月比0.7%増の
27万3,886円。就業形態別では一般労働者、パートタイム労働者ともに同0.6%増。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2908r/dl/pdf2908r.pdf
(統計表等)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2908r/2908r.html

●死傷者・死亡者数、前年同期比増加/2017年労働災害発生状況(9月末速報)

 厚生労働省は19日、2017年の労働災害発生状況(2017年9月末速報)を公表した。
死傷者数は7万6,652人で、前年同期比900人(1.2%)増。死亡者数は629人で、
同43人(7.3%)増。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/17-10.pdf
(統計表等)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●賃上げ要求水準は前年と同じ2%程度を基準に/連合の18春季生活闘争基本構想

 連合(神津里季生会長)は19日、中央執行委員会を開き、2018春季生活闘争に
向けた基本構想を確認した。基本構想は、すべての働く者の「底上げ・底支え」
「格差是正」の取り組みの継続を明記。賃上げ要求水準は「賃金は上がるものとの
常識を取り戻さなくてはならない」(神津会長)との考えの下、2016、2017闘争と
同様に「2%程度を基準(定昇相当含め4%程度)」とした。すべての労働者の
立場にたって長時間労働是正や均等・均衡処遇の実現などに向けた「働き方」の
見直しについて、法改正に先駆けた取り組みを進める姿勢を前面に打ち出している。(JILPT調査部)
http://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20171020.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●人材は質量ともに不足感/民間調査

 日本能率協会は18日、「第38回当面する企業経営課題に関する調査『日本企業
の経営課題2017』調査」結果(速報)を発表した。人材については、量的充足が
36.2%、質的充足が20.2%と、質量ともに不足感が強い。また、「働き方改革に
ついての取組状況」については、「残業時間の削減」84.3%が最も多く、「休暇
取得の促進」76.2%などと続く。
http://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=472

●アルバイト等の9月度平均時給1,013円/民間調査

 リクルートジョブズは19日、2017年9月度「アルバイト・パート募集時平均
時給調査」結果を発表した。三大都市圏(首都圏・東海・関西)の9月度平均
時給は1,013円で、前年同月より24円増。
http://www.recruitjobs.co.jp/info/pr20171019_914.html

●従業員1人当たりの教育研修費用は3万7,177円/民間調査

 産労総合研究所は17日、「2017年度(第41回)教育研修費用の実態調査」を発表した。
従業員1人当たりの2016年度実績額は3万7,177円で、前年比約1,500円増加。
http://www.e-sanro.net/jinji/j_research/j_research05/pr_1710/

●本社事業所・主要事業所内の喫煙状況、全面禁煙は約22%/民間調査

 帝国データバンクは16日、「企業における喫煙に関する意識調査」結果を発表した。
自社の本社事業所または主要事業所内の喫煙状況について、適切な換気がされている
喫煙場所がある、または屋外に喫煙場所を設けている「完全分煙」が56.2%で最も高く、
次いで「全面禁煙」22.1%、「不完全分煙」10.0%と続く。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p171005.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【判例命令】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●フクダ電子子会社、二審も敗訴 女性社員へのパワハラ認定/東京高裁

 医療機器製造フクダ電子(東京都)の子会社に勤務していた40~50代の女性社員
4人がパワハラで退職に追い込まれたとして、フクダ電子長野販売(松本市)と
代表者の男性に約1,700万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁
(畠山稔裁判長)は18日、同社側に計約350万円の賠償を命じた一審判決を変更し、
計約660万円の支払いを命じた。(時事通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20171020.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「精神障害者雇用は今!」をテーマに公開座談会を開催/JEED

 高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は12月7日、障害者雇用に関する
公開座談会を千代田区で開催する。「精神障害者雇用は今!~事例から考える
精神障害者の職場定着~」をテーマに、「職場定着」に焦点を当て、定着の工夫を
行っている企業事例などを通じて精神障害者の雇用の安定を図る方策について
意見交換を行う。定員100名。参加費無料。申込締切は11月17日。
http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/zadankai.html

●セミナー「ダイバーシティ&インクルージョンの推進に向けて」を開催/東京都労働相談情報センター

 東京都労働相談情報センターは11月17日、20日の両日、セミナー「ダイバーシティ&
インクルージョンの推進に向けて」を国分寺市で開催する。「成功するダイバーシティ&
インクルージョン」、「ダイバーシティ&インクルージョンの最新動向」をテーマに、
その推進に向け、成功に導くポイントを解説。受講料無料。定員60名(定員に達し次第締切)。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/index/detail?kanri_bango=seminar-koku-000114

●セミナー「ホワイトカラー層の働き方改革(長時間労働の是正)への対応」を開催/東京労働基準協会連合会

 東京労働基準協会連合会は第3回ベーシックセミナー「ホワイトカラー層の
働き方改革(長時間労働の是正)への対応」を開催する。働き方改革の中心テーマ
である長時間労働の是正に向け、ホワイトカラー層に焦点を当てた業務効率化を
図るための対応策について取組実例をまじえて説明する。日程は、11月1日:立川市、
6日:江東区、20日:千代田区。参加費無料。
http://www.toukiren.or.jp/pdf/basicseminar_2017_03.pdf

●セミナー「休職・復職のリスクと、対策・サポート制度について」を開催/東京商工会議所

 東京商工会議所は12月15日、セミナー「休職・復職のリスクと、対策・
サポート制度について」を千代田区で開催する。マネジメントの最重要課題の
一つとなっている従業員の安全・健康管理について、メンタルヘルスの現状や
基礎知識、休職中のリスクと対策・諸手当制度など実践的な対策を詳しく解説。
参加費無料。定員150名(定員に達し次第締切)。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-80979.html