メールマガジン労働情報 No.1312

■□――【メールマガジン労働情報/No.1312】

5月の有効求人倍率1.49倍、前月比0.01ポイント上昇/一般職業紹介状況 ほか

―2017年6月30日発行――――――――――――――□■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】国家公務員採用総合職試験、女性合格者の割合25.8%/人事院 ほか
【統計】5月の有効求人倍率1.49倍、前月比0.01ポイント上昇/一般職業紹介状況 ほか
【労使】提言「日本型雇用慣行の改革へのチャレンジ」を発表/同友会
【動向】「人並みに働き、楽しい生活をしたい」志向強まる/新入社員意識調査 ほか
【企業】段ボール業界、運転手の待遇改善に協力要請/取引先向けに文書作成
【イベント】2017年度第67期「神奈川県労働大学講座」を開講/神奈川県労働福祉協会 ほか
 ※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20170630.html

【JILPTからのお知らせ】

◇『日本労働研究雑誌』2017年7月号発売中!
 [特集]「モチベーション研究の到達点」
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2017/07/index.html

◇『ビジネス・レーバー・トレンド』2017年7月号発売中!
 [特集]「2017春季労使交渉―経過と課題」
http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2017/07/index.html

☆『労働関係法規集2017年版』発売中!

 主要な労働関係法規を持ち運びに便利な分量・判型に収めたコンパクトサイズ
の法規集。2017年版では「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保
等に関する法律」「事業主が職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する
問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針」「育児休業、介護休業等
育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」の改正などを収録。
【B6判変型 906頁 定価:1,389円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/houkishu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●国家公務員採用総合職試験、女性合格者の割合25.8%/人事院

 人事院は30日、2017年度国家公務員採用総合職試験(院卒者・大卒程度)の
合格者を公表した。合格者数は院卒者が624人、大卒程度が1,254人で、全体では
1,878人。合格者に占める女性の割合は25.8%で、過去最高。
http://www.jinji.go.jp/kisya/1706/sougousaigou.htm

●「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」をリニューアル/厚労省

 厚生労働省は30日、無期転換ルールの周知や無期転換制度の導入促進に関する
情報発信を行う「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」をリニューアルした。
問合せの多い質問をQ&A形式にまとめて新たに掲載したほか、現在、有期労働契約
で働いている人にも使いやすいよう情報を整理・追加。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000169472.html
▽有期契約労働者の無期転換ポータルサイト
http://muki.mhlw.go.jp/

●第106回ILO総会結果の概要等をホームページに掲載/厚労省

 厚生労働省は、6月5日から16日までスイス・ジュネーブで開催された第106回
ILO総会の結果概要等をホームページに掲載した。主な議題は、「財政問題」「条約
及び勧告の適用状況」「労働力移動(移民)に関する議論」「平和・安全及び災害
からの回復のためのディーセント・ワーク:第71号勧告の改正に関する議論」など。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/ilo_106.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●5月の有効求人倍率1.49倍、前月比0.01ポイント上昇/一般職業紹介状況

 厚生労働省が30日公表した「一般職業紹介状況」によると、2017年5月の
有効求人倍率(季節調整値)は1.49倍で、前月比0.01ポイント上昇。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000168730.html

●5月の完全失業率3.1%、前月比0.3ポイント上昇/労働力調査

 総務省が30日公表した「労働力調査」(速報)によると、5月の完全失業率
(季節調整値)は3.1%で、前月比0.3ポイント上昇。男性は3.2%で前月比0.3
ポイント上昇、女性は2.9%で同0.3ポイント上昇。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.htm

●5月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.4%上昇/全国消費者物価指数

 総務省が30日公表した2017年5月の全国消費者物価指数は、生鮮食品を除く
総合指数は100.3で、前年同月比0.4%上昇。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm
(東京都区部2017年6月分(中旬速報値))
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-t.htm

●5月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質0.1%減/家計調査報告

 総務省が30日公表した「家計調査報告」(速報)によると、2017年5月の
二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、前年同月比実質0.1%減の28万3,056円。
勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり42万1,497円で前年同月比実質1.7%減。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm

●生産指数、前月比3.3%低下/5月鉱工業指数速報

 経済産業省は30日、2017年5月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(速報)を
公表した。生産指数(季節調整値)は前月比3.3%低下の100.4。基調判断は、
「持ち直しの動き」に据え置き。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html

●要介護(要支援)認定者数633.1万人/介護保険事業状況報告(2017年4月)

 厚生労働省が29日公表した「介護保険事業状況報告」(2017年4月暫定版)に
よると、要介護(要支援)認定者数は2017年4月末現在633.1万人で、男性が
197.0万人、女性が436.1万人。
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m17/dl/1704a.pdf
(統計表等)
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m17/1704.html

●外資系企業、2016年3月末の常時従業者数62.4万人/外資系企業動向調査

 経済産業省は29日、2016年「外資系企業動向調査(2015年度実績)確報」の
結果を公表した。16年3月末の集計企業数は3,410社。常時従業者数は62.4万人
で前年度比2.3%低下。内訳は、製造業が19.5万人で同12.3%低下、非製造業は
42.9万人で同3.1%増加。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/gaisikei/result/result_50/result_50k.html

●海外現地法人の従業者数、2期連続増加/海外現地法人調査

 経済産業省は28日、「海外現地法人四半期調査」(2017年1~3月期)の結果
を公表した。17年3月末の従業者数実績(全業種合計)は416.2万人で前年同期比
1.9%増、2期連続の増加。地域別にみると、構成比の高いアジア(構成比69.9%)
は同1.3%増で2期連続増加。
http://www.meti.go.jp/press/2017/06/20170628005/20170628005.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労使】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●提言「日本型雇用慣行の改革へのチャレンジ」を発表/同友会

 経済同友会は29日、提言「生産性革新に向けた日本型雇用慣行の改革への
チャレンジ―未来志向の『足るを知る』サスティナブルな成長社会の実現―」を
発表した。「日本人の根底にある考え方を踏まえた『日本の目指す姿』を展望、
『日本型雇用慣行』の良い面は活かしつつ、どのように世界で伍していける
ものに改革するかを企業事例を織り込みながら、具体的に提言する」としている。
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2017/170629a.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「人並みに働き、楽しい生活をしたい」志向強まる/新入社員意識調査

 日本生産性本部「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会は26日、2017年度
新入社員を対象とした「働くことの意識」調査結果を発表した。「働く目的」は
「楽しい生活をしたい」が42.6%で過去最高、「自分の能力をためす」は10.9%で
過去最低。「若いうちは進んで苦労すべきか」は「好んで苦労することはない」が
29.3%で過去最高。
http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001510.html

●「プレミアムフライデー」の認知率約9割、「賛成」は約半数/推進協議会調査

 プレミアムフライデー推進協議会事務局は22日、全国の20~50代有職者を対象と
した「プレミアムフライデー」意識調査の結果を発表した。「知っている」は89.2%、
「賛成(+ある程度)」は46.5%。勤務先に導入されている「働き方改革」の取組と
しては、21.2%で第3位(1位「ノー残業デー」78.3%、2位「フレックスタイム
勤務制度」29.5%)。有効回答数2,015人。
https://premium-friday.com/doc/release20170622.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【企業】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●段ボール業界、運転手の待遇改善に協力要請/取引先向けに文書作成

 全国段ボール工業組合連合会(全段連)は27日、組合員企業の取引先向けに、
段ボールの配送を行うドライバーの労働条件改善に理解を求める文書を作成した
と発表した。段ボール業界では、長時間の拘束や手作業の多さからドライバー
不足が深刻化しており、取引先に負担軽減への協力を求める。(時事通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kigyo/20170630.html
▽全国段ボール工業組合連合会Webサイト
http://zendanren.or.jp/data/pdf/siryo/2017tfp.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2017年度第67期「神奈川県労働大学講座」を開講/神奈川県労働福祉協会

 公益財団法人神奈川県労働福祉協会は7月、2017年度第67期「神奈川県労働
大学講座」を開講する。「労働法」「人事労務管理・労働経済」「労働福祉」の
3分野の専門的知識を、現在の社会情勢等を踏まえ体系的に学ぶ。講師は、
大学教授や各分野の第一線で活躍する専門家等。開催日程は7月25日~11月21日
(全25回)。科目ごとの受講も可。定員200名。
https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/roudai29.html

●理系進学希望の女子高校生等を対象に特別イベントを開催/日本自動車工業会

 日本自動車工業会は、理系進学希望の女子高校生等を対象に、理系女子応援
イベント「Drive for the Future ~あなたの想いを走らせる仕事~」を東京と
大阪で開催する。自動車メーカーで働く女性技術者によるパネルディスカッション
や講演、フリートークなどを予定。日程・会場は、7月15日:大阪、7月17日:東京。
参加費無料。要事前申込。
▽申込先(事務局:(株)マイナビ)
https://mycampus.jp/driveforthefuture_2017_top/

●WLBセミナー「『イクボス』のすすめ」を開催/東京商工会議所

 東京商工会議所は7月12日、WLBセミナー「会社の業績と社員の笑顔をアップする
『イクボス』のすすめ~リーダーの意識改革が、成果を導く働き方につながる~」
を開催する。ワークライフバランスの正しい理解をもつリーダーの重要性を
「イクボス」の視点から説明、「働き方改革」の実行に向けた経営のポイントを
解説する。参加費無料。定員100名(定員に達し次第締切)。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-79248.html

※許可なく転載することを禁じます。