メールマガジン労働情報 No.1295

■■====【メールマガジン労働情報/No.1295】==============■■■

  2017年版「中小企業白書・小規模企業白書」が閣議決定 ほか

■■=============================== 2017年4月21日発行==========■■■

┏━━━━━━━━┓
  本号の主な内容
┗━━━━━━━━┛

【行政】2017年版「中小企業白書・小規模企業白書」が閣議決定 ほか
【統計】2月の現金給与総額、前年同月比0.4%増/毎勤統計確報値 ほか
【動向】「異業界」「異職種」への転職の壁は「企業風土や職場慣習の違い」/民間調査 ほか
【イベント】「個別労働紛争解決研修・基礎研修」を全国11都市で15回開催/全基連 ほか
 ※本号の記事見出し・リンク先一覧です。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/list/mm20170421.html
……………………………………………………………………………………………
【JILPTからのお知らせ】

☆「平成29年度・第66回東京労働大学講座 総合講座」(労働法部門)受講者募集中!

 現代の労働問題を学習するのに最適なトピックスを精選して開講します。
当該分野の第一人者による最高・最新の講義に接するまたとない機会です。
ふるってお申込みください。

 開講期間:6月1日(木曜)~7月13日(木曜)(14講義日、1試験日)
 会場:東京大学 法文2号館 法学部第31番教室
http://www.jil.go.jp/kouza/sogo/index.html

☆『労働関係法規集2017年版』好評発売中!

 主要な労働関係法規を持ち運びに便利な分量・判型に収めたコンパクトサイズ
の法規集。2017年版では「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保
等に関する法律」「事業主が職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する
問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針」「育児休業、介護休業等
育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」の改正などを収録。
【B6判変型 906頁 定価:1,389円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/houkishu.html

☆『新時代のキャリアコンサルティング
  ―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来』発売中!
 ※増刷しました!
 キャリアカウンセラーや職業相談、学校でキャリア教育に携わる方はもちろん、
企業でキャリアコンサルティングに関心のある人事担当者の方にも役立つ理論と
実践との関わりを紹介しています。
【労働政策研究・研修機構[編]A5判 242頁 定価:1,852円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/shinjidai.html

☆『解雇ルールと紛争解決─10ヵ国の国際比較─』を刊行しました!

 日本を含む10カ国における解雇の法的ルールと紛争解決システムを提示し、
それらを整理、比較。今後の日本における解雇ルールと紛争解決システムの
構築に向けた議論に資する1冊。
【菅野和夫、荒木尚志[編]A5判 492頁 定価:2,315円+税】
http://www.jil.go.jp/publication/ippan/dismissal-rules.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【JILPT研究成果情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇調査シリーズNo.170
『非正規労働者の組織化とその効果―アンケート調査による分析―』

 JILPTが2016年7月から10月に実施した「非正規労働者の処遇改善の実態に
関するアンケート調査」を基に、非正規労働者を組織化した労働組合が、組織
化後、非正規労働者(組合員)に対して行う取組やそれによってもたらされる
成果などを明らかにします。
http://www.jil.go.jp/institute/research/2017/170.html

◇資料シリーズ No.195
『改正労働契約法への対応状況に関するインタビュー調査』

 個別企業労使を対象に、改正労働契約法の第18条や第20条等への対応につき、
具体的な見直しの実施(検討)状況をたずねたインタビュー調査結果(12組合・
7企業の計15事例)をまとめています。
http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2017/195.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【行政】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2017年版「中小企業白書・小規模企業白書」が閣議決定

 2017年版「中小企業白書・小規模企業白書」が21日、閣議決定された。
「中小企業白書」では、第1部で「中小企業のライフサイクルと生産性及び中小
企業の雇用環境と人手不足の現状」について、第2部では「中小企業の起業・
創業、事業の承継及び新事業展開による成長」について分析を行っている。
http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170421001/20170421001.html

●「景気は、一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調」に据え置き
/4月・月例経済報告

 4月の「月例経済報告」が20日の関係閣僚会議に提出された。経済の基調判断
は3月の判断を据え置き、「景気は、一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな
回復基調が続いている」。雇用情勢も「改善している」に据え置き。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/getsurei-index.html
(首相官邸Webサイト)
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201704/20kakuryo.html

●退職給付額、公務員が民間を78万1,000円上回る/人事院調査

 人事院が19日公表した「民間の退職金及び企業年金の実態調査の結果並びに
国家公務員の退職給付に係る本院の見解について」によると、退職一時金と企業
年金(使用者拠出分)を合わせた退職給付額は民間が2,459万6,000円、公務が
2,537万7,000円で、公務が民間を78万1,000円(3.08%)上回った。
http://www.jinji.go.jp/nenkin/H28/taisyokukennkai28.htm

●講師自殺は公務災害 採用2年目「過重労働」/岐阜

 岐阜県立郡上特別支援学校で講師を務めていた男性=当時(24)=が2013年に
自殺したのは、過重労働や指導役だった教諭の叱責が原因として、地方公務員
災害補償基金岐阜県支部は20日までに、公務災害に認定した。遺族の代理人が
記者会見して明らかにした。認定は3月31日付。(時事通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/gyousei/20170421.html

●労政審安全衛生分科会配付資料を公表/厚労省

 厚生労働省は20日、第102回「労働政策審議会安全衛生分科会」を開催、配付
資料を公表した。議題は「労働者の健康確保のための産業医・産業保健機能の
強化について」。配付資料は「『働き方改革実行計画』について」「現行の
産業医制度の概要等」など。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000162619.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【統計】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2月の現金給与総額、前年同月比0.4%増/毎勤統計確報値

 厚生労働省が20日公表した2017年2月の「毎月勤労統計調査」結果の確報値
(事業所規模5人以上)によると、現金給与総額は26万2,845円で、前年同月比
0.4%増。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2902r/dl/pdf2902r.pdf
(統計表等)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2902r/2902r.html

●2016年11月の総人口、前年同月比15万8,000人減/総務省人口推計

 総務省は20日、2016年11月確定値及び17年4月概算値の人口推計を公表した。
16年11月1日現在の総人口(確定値)は、1億2,693万7,000人で、前年同月比
15万8,000人(0.12%)減。日本人人口は1億2,499万人。17年4月1日現在の
総人口(概算値)は1億2,679万人で同19万人(0.15%)の減少。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

●女性研究者数、13万8,400人で過去最多/統計トピックス

 総務省が14日HPに掲載した「統計トピックスNo.100」によると、2016年3月
31日現在のわが国の女性研究者数は13万8,400人で過去最多を更新。研究者全体
に占める女性の割合は15.3%となり、同じく過去最高を更新したが、主要国と
比較すると低い水準。
http://www.stat.go.jp/data/kagaku/kekka/topics/topics100.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【動向】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「異業界」「異職種」への転職の壁は「企業風土や職場慣習の違い」/民間調査

 リクルートキャリアは19日、転職者に転職活動前から活動後の意識をたずねた
webアンケート調査の結果を発表した。「業界」「職種」をまたぐ転職の壁は
「企業風土や職場慣習の違い」、また「職種」をまたぐ転職では「教育体制の
充実」が鍵、などと分析。有効回答者数1,008名。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/170419-01/

●3月のアルバイト平均時給、全国平均1,003円/民間調査

 インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス「an」の調べに
よると、2017年3月のアルバイトの全国平均時給は1,003円で、前年同月比
16円増。前年同月比25カ月連続で上昇。7カ月連続で1,000円越え。
http://www.inte.co.jp/library/wage/20170419.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「個別労働紛争解決研修・基礎研修」を全国11都市で15回開催/全基連

 全基連(公益社団法人全国労働基準関係団体連合会)は、厚生労働省の委託
事業「個別労働紛争解決研修・基礎研修(2017年度)」を6月から12月にかけ、
全国11都市・計15回開催予定で、現在受講者を募集している。また「応用研修」
は9月末開催で、募集開始は6月初旬予定。
http://zenkiren.com/jutaku/kensyu/kiso-index

●「労働法基礎セミナーin国分寺」を開催/東京都労働相談情報センター

 東京都労働相談情報センターは5月10日、12日、17日の3日間、「労働法基礎
セミナーin国分寺」を開催する。労働法の重要なルールを基礎から体系的に学ぶ。
講師は、成蹊大学法学部教授の原昌登氏。受講料無料。定員120名(定員に達した
時点で受付終了)。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/index/detail?kanri_bango=seminar-zchuo-000722

●外国人留学生を対象とする企業説明会を開催/厚労省

 厚生労働省は5月、福岡県、埼玉県、大阪府で日本企業への就職を希望する
外国人留学生を対象とした企業説明会を開催する。対象者は主に新卒者(2018年
3月卒業予定者)及び既卒者(卒業後概ね3年以内の者)。参加無料。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000161735.html



※許可なく転載することを禁じます。