諸外国における非正規労働者の処遇の実態に関する研究会報告書

平成28年7月15日
平成28年8月5日更新

概要

調査内容

本調査は、厚生労働省の要請に基づき、EU、ドイツ、フランス、イギリス、韓国、アメリカにおける非正規労働者(パート・有期・派遣)の処遇に関する法規制と実態について調査したものである。

本文

本文がスムーズに表示しない場合は下記からご参照をお願いします。

研究の区分

プロジェクト研究「非正規労働者施策等戦略的労働・雇用政策のあり方に関する調査研究

研究期間

平成27年度

研究担当者

浅尾 裕
労働政策研究・研修機構 特任研究員
荒木 尚志
東京大学大学院法学政治学研究科 教授(座長)
池添 弘邦
労働政策研究・研修機構 企業と雇用部門 主任研究員
李 鋌
韓国外国語大学 法学専門大学院 教授
神吉 知郁子
立教大学法学部 国際ビジネス法学科 准教授
田原 孝明
労働政策研究・研修機構 総合政策部門 統括研究員
富永 晃一
上智大学 法科大学院 准教授
西村 純
労働政策研究・研修機構 企業と雇用部門 研究員
濱口 桂一郎
労働政策研究・研修機構 労使関係部門 主席統括研究員
細川 良
労働政策研究・研修機構 労使関係部門 研究員
山本 陽大
労働政策研究・研修機構 労使関係部門 研究員

(2016年3月時点)

関連の研究成果

関連情報

お問合せ先

内容について
調査部 03(5903)6274
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。