プログラム:第59回労働政策フォーラム
震災から1年、被災地域の復興と労働政策を考える
(2012年3月19日)

東日本大震災から1年が経とうとしています。千年に一度の規模といわれる大震災は、被災地域の産業、労働者に大きな打撃を与えました。国や自治体等が、被災地域の雇用維持、雇用創出のために様々な政策を行ってはいるものの、被災地域の産業等が受けたダメージは大きく、雇用情勢は未だ厳しい状況にあります。

本フォーラムでは、被災地域の雇用情勢を明らかにするとともに、被災地域の街や産業が被災前よりも活性化し、新しい雇用が生まれるにはどうしたら良いのかを労働行政、地方行政、研究者の視点から報告・議論します。

日時
2012年3月19日(月曜)13時30分~17時00分(開場13時)
会場
浜離宮朝日ホール 小ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社新館2階)アクセス新しいウィンドウ
  • 都営大江戸線・築地市場駅下車A2出口すぐ
  • 日比谷線・築地駅2番出口,東銀座駅6番出口(徒歩8分)
  • JR線/銀座線・新橋駅(徒歩15分)
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)

※事情によりプログラムが変更される場合があります。ご了承ください。


13時30分~

基調報告

被災地域の現状と雇用政策

藤澤勝博
厚生労働省職業安定局雇用政策課長

研究報告

被災地域の復旧・復興過程における産業・雇用政策

伊藤 実
労働政策研究・研修機構特任研究員

被災地域の復興と新しい雇用創造

山本恭逸
青森公立大学経営経済学部教授

事例報告

岩手県の復興に向けた雇用対策の取り組み

津軽石昭彦
岩手県商工労働観光部雇用対策・労働室特命参事兼雇用対策課長
15時30分~

パネルディスカッション

パネリスト

藤澤勝博
厚生労働省職業安定局雇用政策課長
山本恭逸
青森公立大学経営経済学部教授
津軽石昭彦
岩手県商工労働観光部雇用対策・労働室特命参事兼雇用対策課長
伊藤 実
労働政策研究・研修機構特任研究員

コーディネーター

樋口美雄
慶應義塾大学商学部教授

お問合せ先

労働政策研究・研修機構 広報企画課

Tel : 03-5903-6264( 平日9時~ 17時30分 )

FAX : 03-5903-6114

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウのシステム「スパイラル」を利用しております。